北海道で歯科開業のことなら、株式会社石田歯科商会にお任せください。

〒065-0021 北海道札幌市東区北21条東7丁目1-21

011-742-2322

受付時間

9:00~17:30(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

まこと日記

まこと日誌

三宝製薬の社長さん来社

これが超長寿商品のトフメルです

先週、三宝製薬さんが来るというので待ってたら、社長さんが同行されていたので、いろいろお聞きしました。

お昔からあるなぁ、とは思っていましたが、創業は昭和7年!ということで、86年め、弊社と全く同じでありました。んでこの薬、トフメルは現在48才である社長のおじいさんが、兄弟のお医者さんが調剤していた軟膏を製品化したのが始まりとのことですから、これが作られていたのはすでにおおよそ100年ということであります。

ちなみに歯科では三宝はぐきみがきが有名ですが、これも「塩で磨いたら歯茎が引き締まる」と言われ、歯磨き粉に塩を配合して製造したみたのが始まりとのことで、これも日本での塩を配合した歯磨き粉の草分けだそうで、こちらも約60年になります。

100周年までお互いあと13年、お互いまずは、そこを目指してがんばろー、ということで誓い合ったわけであります。みなさんも試しに使ってみてね、歯茎磨きと歯茎磨きブラシ。

ナカニシさん訪問

先日、タービンやエンジンで有名な株式会社ナカニシさんが創業88周年ということで、私達歯科ディーラー総勢150名を招待して工場見学会を催してくれました。

10年ほど前にもお伺いしていますが、その時既にあまりにきれいな工場でびっくりした記憶があるのですが、なんでそう思ったかと言えば、今から40年ほど前、私が三金工業でエーデックの取り付け部隊位にいた頃には、いわばナカニシ製品は二流品扱いで、予算がない人が選択する類にものだったのに、いつの間にかその生産工程は世界的に視ても素晴らしいものになっていたからであります。

しかしながら今回栃木県鹿沼に着くと、、、、、本社社屋が巨大なコロッセオのような円形ホールが有り、工場では無人で動くミリングマシーンが160台、、、一台大3000万円って言ってたけど、、、、生産量はいつの間にかカボを抜いて世界一になっているとのこと。あまり業界団体の集まりではお目にかからないけれど、じつはビッグになっていたんですねぇ、、、隠れ世界一企業でした。

歯科医師会やスタディグループなどで見学に行きたい方は、その旨受け付けているとのことで、ぜひ行ってみてください。ちなみに工場内の写真撮影は基本的に禁止ございます、、、、中国あたりにパクられちゃうと最悪ですもんね。

還暦旅行

日本に帰れなくなるかと思いました(^_^;)

年間を通して僕が唯一暇になる秋に、還暦旅行に行ってきました。行き先は未だ行ったことのなかったイタリアと、20年ほど前に行ったことのあるバルセロナです。バルセロナはサクラダファミリアが2026年に完成してしまうとのことで、んじゃ今のうち行ってしまおうとの理由です。みなさん、還暦は普通、一生に一度だから、許してちょーだい、、、二度目は120歳ですかな。

旅行会社のツアーって実は初めてでしたが、食事は厳しいものがありました、、、ていうか、日本なら安いところでもそれなりに美味しいけど、外国でしかも値段を叩かれているとすれば仕方ありません。フリータイムに添乗員さんと一緒に行ったレストランは、彼ら知ってるだけあって全部美味しかったですよ。

途中、キャンティ地区でワイナリー訪れたり、ベネチアのサンマルコ広場とかも寄りましたが、一週間ずれていたら水没していましたね。ラッキーです。

ということでイタリアで特に印象に残ったのはローマ。遺跡の中に街があるのね、、、、想像を絶する古代ローマ人の暮らしぶりで、一見に値します。それ以外ではピサ。斜塔が有名ですが、それ以外にも一連の建築物があるって、知らなかった、、、まあ、行ってみないとわからないことってありますよね。それにしても斜塔は、土台部分はメチャメチャ傾いています。

最後に寄ったバルセロナ。肝心のサクラダファミリアは、、、、あれあれ、あまリ変わっとらんのう???

サクラダファミリアの主任彫刻家 外尾悦郎氏のセミナーが夜にありましたが、「2026年に完成???そんなこと信用しちゃ駄目ですよねーーここはスペインですから」それって、ありですか、、、、、

オートバイいろいろ試乗記

「毒喰らえばさらまで」というわけではありませんが、人生は一回こっきりなので、この際乗りたいバイクは全て乗ってしまおう、ということでまずはハーレー。883とXL1200,ファットボブの3車種をオートランドさんでイッキ乗りしてみました。

まずは外観。どれもハーレーはかっこいい。僕の好みはXL1200でしたが、883も良いですねぇ。でもハーレー乗りは腕が太くないと、、、というのは先入観でしょうか?

さてさて乗ってみました。どれもハーレーVツインは楽しいですねぇ。入れ歯だったら外れてしまいそうなくらいの振動ですが、なんたってそれが楽しい。背中を蹴飛ばされるような迫力でございます。特に最後に乗ったファットボブは凄い!アメリカンマッスルの象徴のような大トルクでございます。なんたって1800ccに巨大化されたVツインは楽しいと取るか、無駄だと思うか、、、バイク自体がある意味無駄なので、これでいいのだ!

ただーし、どれもニュートラルが出づらいのはちょいと困るのもハーレーの宿命なのでしょうか?ちなみにファットボブは良いけど、お値段も結構凄いのね。

次に、お世話になっているBMWモトラッドさんです。

K1600Bは今回リターンするときにこれにしようと思っていたけど、バイクを目の前にすると怖気づいてしまって結局R1200RSにした経緯があります。趣は全く違うけど、これはこれで新しさとノスタルジックが融合したデザインで、これも大好きでございます。BMWの直列6気筒エンジンを横置きに積んだ、スーパーお馬鹿なバイクで、乗るのは今回が初めて。しかも、立ちごけした人の話を聞いたために、めっちゃ緊張。ちなみにその人は一人では起こせなかったため、結局手放したそうです。

さーて、エンジンを掛け、国道36号に膨らみながら飛び出すと、あーら、メッチャひらひら。体の何処にもストレスを感じません。まるで250ccのよう。ウインドスクリーンは低いのですが、防風効果は絶大で、遠乗りはウルトラ快適。これならば鹿児島まででもイッキ乗りできそうな予感、、、予感だけですけれどね。しかもちょいとスロットルを開けると金団雲のようにウルトラスムースな加速でワープします。乗っているうちは天国。しかしいざ信号待ちで足を着くとジワジワ恐怖心が、、、、これも先程聞いた恐怖体験のせいでしょうか?バックギアがついているのは○ね!

続いて映画「ミッション・インポッシブル」でトム・クルーズも乗ったRnineTです。僕のバイクに似た水平対向2気筒エンジンですが、こちらは空冷っていうのがちがうところ。ぼくのと似たようなもんかねぇとか思いながら試乗開始です。あら、タコメーター付いてないのね(;_;

んでエンジンかけてみると横振動でブルブル、排気音はパラパラと小気味よく吹け上がります。クラッチを繋いで走り出すとメッチャ元気。若い頃に初めてバイクに乗った喜びがを改めて思いだします。足好きは良好で踵までついてさらに膝が曲がるくらいなので、安心感がありますが、シートが薄いので、長距離向きではないかなと。然しその軽快感は大きな魅力で、できればずっと持っていたい一台であります。

続いてイタリアン。ドカティのスクランブラーもかっちょえ~がなとか思い、お店に行ってみると1100ccも出ていたではないか。んでエンジンを掛けると「これって合法?」みたいにけたたましいサウンドがいーじゃないですか。んで走り出すとトルクとポジションのバランスが、、、、まるっきりオフロードバイクのポジションなのに、トルクあり過ぎでちょっと半クラッチに神経を使わなくてはいけません。

さーて、何台買おうかな(゚∀゚)なんてね。

大地震+大停電

いやーびっくりしました、夜中の大地震。家が地鳴りのように揺れて発生する「あの音」には、いまでも思い出すと恐怖を感じます。当初は電気ついていたので、震源地は苫小牧の東側とわかりましたが、ここって絶対地震起きないと言われていたような気が、、、、防災マップもあてになりません。

亡くなったみなさんにはご冥福をお祈り申し上げますが、震度7で被害があの程度で済んでマシだったとは思います。でもこれが真冬で数トンもの雪が北海道中の一軒家の屋根の上に乗っかっていたら、こんなもんじゃ被害はすみません。数万人~数百万人が犠牲になる大惨事になってるかも。今年の冬は余震が来るかもしれませんから、せっせと屋根の雪下ろししましょう。その後発生した大停電も、真冬だったらストーブ全滅する家が多いので、その後の避難生活はどんなんなっていたでしょう?今回の地震では我が家でもキャンプでたくさん持っているランタンが大活躍したわけですが、電気を必要としない「アラジンストーブ系」も用意したほうが良いとおもいます。ちなみに我が家がある札幌市南区は金曜日深夜に電気復活。ホット一安心でした。

金曜日夜にはコストコに行ってみたのですが、年中無休を謳っているせいか、節電モードでも営業。冷蔵庫の中身は空っぽでした。その後清田地区を通って帰ってきたわけですが、国道36号さえも陥没しているところがあって徐行運転です。その後の町中は真栄まで真っ暗。これが札幌なのかと、目を疑う光景でした。

地震大国日本は、何処にいても安全は保証されないってことを改めて感じた週末でした。

27年ぶり

腹引っ込めてます^^;

27年前に断ち切ったオートバイ。危ないからというアタリマエの理由でしたが、ここにきて僕も60だし、65じゃ戻れないかなぁということで昨年あたりからちょこちょこバイク屋さんに下見に行っていたわけですが、息子が中免を取りに行きだしたとのことでいよいよ本気モードになってしまったわけです。

んでなにを買うか。実は迷わずBMWにしたのは、35年前のアメリカ一周旅行中、その宿泊先の一軒でオーナーがオートバイ乗り。「日本のオートバイは消耗品。やっぱりBMWじゃないと」と言われて、金持ちが何いってんだよー、と腹立たしく思ったわけですが、まあ良くも悪くも乗ってみなければわからない。ということで買っちゃいました、R1200RS。

なんでこれかといえば、トラクションコントロールやアンチロックブレーキ、アクティブサスペンションなど、電子デバイス満載なので、安全性が高いこと、過去4気筒が多かったし、BMの水平対向2気筒も水冷に変わってパワーアップしていること、他の1200クラスよりも軽量なので(リハビリの身としては)圧迫感?威圧感?が少ないこと、でした。いざ乗ってみると27年のブランクを全く感じさせないわけですが、こればは僕が退化していないわけではなくて、バイクが進化しているので、僕の退化分を補っているからであります。ちなみに支笏湖の駐車場でエンジンかけて走り出そうとしたらエンジン止まっちゃってびっくり。あっちゃー、なんでなんで???最近のバイクって、サイドスタンド出しっぱなしでギア入れたらエンジン止まるように出来てるのね。解明するまでしばらくかかりました、、、バイク屋さんに聞くと、「20年以上前からたいていこうなっていますよー」、、、って、27年前だから、時計止まってんの、、、浦島太郎です。

低速時のドコドコ感、そこからのトルク、高回転時までの加速感など、エンジンは特徴的なフィーリングがあり、国産リッターバイクみたいな超絶高性能ではないので、乗ってしまえば恐怖感はありません。コーナリングは倒れ込みがいたってナチュラル。だからといって高速道路での直進性にも不満はありません。二人乗り時のアクティブサスの威力は素晴らしく、一人乗り時のフィーリングと変わらないところはさすがというか、あまりに自然で気が付かないかもしれません。ちなみにコーナー攻めるとか、まだまだ無理ですから、、、

しかしながら問題点。カウルが小さいからか、僕が車に慣れちゃっているからか風がすごくてびっくり。スポーティじゃないのが難だけど、おっきいカウルは楽ちんだなぁとか、次はなににするかなぁとか考えたりして、、、、

利尻島

今年夏もデンタルショーの準備でバタバタしてましたから、お盆直前になって何処か空いてないかなーとか言いながらじゃらん探してたらオー、在ったではないか!利尻島!というわけで60歳にして初めて利尻島に上陸。で、初利尻で気がついたこと

1思ったより大きい(車で一周1時間半程度かな?)

2したがって稚内からのフェリーターミナル鴛泊から、ホテルが沢山有る沓形までは歩いていけない。自転車でも厳しい

3タクシーはべらぼうに高い!

4計画はちゃんとたてよう

こんなに大きい島なら、泳いだ熊なんか探せっこありません。ということで、レンタカー、アトラクションは事前に予約して行くことをおすすめします。僕はシーカヤックツアーと うに取り体験の2つしかできませんでしたが、10月にはブリ釣り、12月からはバックカントリースキーがおすすめとのこと。そうじゃなくてもピョンピョン魚釣れるし、年がら年中楽しそうな島でございました。まあでも、行くのはちょっと面倒。ちなみに宿泊費、お盆は、、、、高いよ。

開業時の資金調達

開業時の資金調達について、シャープファイナンスさんよりご講演いただきましたので、ご紹介します。

・いつ借りるか→開業の4~6ヶ月前に動く

・どこから借りるか→保証協会は避ける→返済期間が短く、審査が面倒で時間がかかる、融資枠が少ない

・        →日本政策金融公庫は最近金利が高く設定されている

・いくらまで   →5000万円が目安。ただしそれ以上でもOK

・借入金の使徒  →設備資金と運転資金を分けて考える

・返済期間    →長いほど安心→10年以上できれば15年

・利息      →1%から2%(個人の信用による)

・担保、保証人  →不動産購入の場合は原則必要、それ以外は不要。保証人は配偶者で大丈夫

・運転資金    →6ヶ月が一般的であったが、それ以上に長め(9ヶ月~1年)のほうが安心

・他のローン   →住宅ローンなどは気にしなくて大丈夫。しかし資産運用は駄目。

・自己資金    →500万円以上あれば有利、無い場合はその理由(パチンコでスッタなど、もってのほか)

         →しかし、使わないのが原則

・万が一の場合  →逓減型定期保険、団体生命保険などに加入

昔ならパチンコが趣味で貯金ゼロ、なんて人でも開業できたのですが、今は当然駄目です。

さて、最悪のケースがリスケ(リ スケジュール。借入条件の変更のことを言い、月々返済額を少なくするとか、返済を一時待ってもらうなどのこと)でございます。金融機関からは破産人同然の扱いとなりますので、こうならないように運転資金は多め、建築費や医療設備費が診療方針や周辺の環境スキームに合っているかなど、確認が必要です。事業計画って、数字合わせや絵空事になっていないか、とても大事なのです。シャープファイナンスさんでは設備資金、運転資金ともに15年返済が可能ですので、ぜひ検討してください。

中古マンションを使った資産運用について

株式会社東京ミライズさんよりドクターの資産運用についてのセミナーを開いていただきましたので、せっかくだから概要をご説明いたします。

・ドクターの節税対策は選択肢が多くない

・都内の2000~3000万円の中古マンション(部屋売り)を使った資産運用、節税、年金対策、相続税対策

・減価償却を利用して不動産事業を赤字に

・7年後に売却

年収額500万円の人と4,000万円の人は収入倍率は8倍であるが、所得税住民税の合計額は38倍となります。

例を年収2,000万円の人に例えると、が不動産事業の帳簿上の赤字200万円を計上するだけで、100万円の節税になります。しかし7年程度で減価償却が終わるので、その時点で売却。したがって複数の物件を、時期をずらして経営することが必要かとおもわれます。利益の繰り延べ(先送り)をして、老後の生活資金安定化にも使えます。このスキームがドクターに特化しているのは、借り入れ利息が低い、枠が大きめ、高収入ならリスクに強い、といったところ。

ただし、勤務医時代には、借り入れの審査(借金額と収入が一時アンバランスになる)に問題が出やすいことから、歯医者さんの場合は開業後になされたほうが無難かと。融資がとても厳しくなります。また、新築ではなく、中古というところがミソですね、、、、理由は何でしょう(゚∀゚)???

興味が有る方は私がおつなぎしますので、ご一報ください。 

還暦サプライズ

すっかりやられました、、、、

実は6月16日の土曜日、朝から「自立型問題解決思考第2回目」を全社で研修しました。終了後、先生送って、カミさんと「昼飯どこで食おーねー?パークでも行くかぁ」かなんか言ってたらかみさん、「昨日、ニューオータニ行くって言ってたじゃない。結婚30周年だし」と。30年前の3月18日、まだ出来たばかりのホテルニューオータニ札幌で結婚式したわけでなので、んじゃ昼飯はやっぱりそこだねと。

駐車場に車停めて、ロビー階に上がるとなんと下河原くん(昔、歯科業界で働いていた)が偶然に。まあ、まえからニューオータニで働いていたので別に不自然でもないけど、入って一人目が下河原とは、ちょっとびっくり。まずはそそくさとトイレ行ってからロビー戻ると、「しゃちょー、30年前にここで結婚式挙げたんですってねー、奥さんから今、聞きましたよー。せっかくだから記念写真撮りませんかぁ。どーぞどーぞ」というわけで、わけがわからないまま2階へ連れて行かれ。

なんか変だなと想いつつも言われるがままに連れて行かれ、部屋の扉が開くと、、、、、、、2,30人で、みんなこっちを向いて写真撮っているではありませんか!!

ひぇー!!!!間違って別な部屋入っちゃったぁ!!!!引き返そうとしても、、なぜか、、、下がれない、、、、、そしたら「しゃちょー、還暦おめでとー!」の声で、ようやく僕だけが騙されたんだと気がついて、、、、見事なサプライズでございました。というか、サプライズすぎて心臓止まったらどーすんだよーっ!ちなみに後ろに下がれなかったのは、うちのかみさんが後ろから押していたようで、、、かみさんも僕を騙していたわけです、、、

余興では金ピカジャケットで岩見沢店店長が司会、若手が変な変装して踊ったり歌ったり、社員グルっと回ってお祝いの言葉をそれぞれからいただきました。また息子は東京なので、ビデオレターで参加。還暦記念品はワインとワイングラス。このグラス、リーデル社の「ソムリエシリーズ」。顔が入るんじゃないかっていうくらい大きいんです。割らないように頑張らないとね。

あまりの準備の良さに全く気が付いていなかったので、御礼のスピーチも全く準備なしというか、考えても全く浮かんでこないわけです。仕方ないので適当にお茶後にごしちゃったんですが、全従業員に還暦祝いをしてもらうなんぞ、本当にありがたいものです。子供の頃はともかく、34年前に自分の会社戻ったときは自分で言うのもなんですがひどい会社でした。全然儲かってなかったし、社員同士の仲も悪かった。偉そうなわりに仕事しない役員、棚ぼた待ちの営業マンなのに一匹狼集団、マンネリの販促企画、それじゃー給料も上がるわけないよね。それから考えると今は全く別の会社に生まれ変わりました。先代も喜んでいると思います。

終わりよければ全て良しって、まだ終わってませんが、これでいつ死んでも、とりあえず杭は残りません、、、いやいや、もうしばらくは粘らないと・ω・

結婚30周年

結婚20周年のイタリア人夫婦と一緒に

6月18日は結婚30周年でした。そーかー、あれから30年も経っちゃったのね。そりゃ60歳になるわけですよ。、、、でも実感が無いというか、成長しとらんというか、しかーし、腹回りは確実に成長し続け、、、ソレはいかんです。

ということで、札幌で唯一、イタリア人が経営するリストランテでお食事を。ちなみにこちらは結婚20周年。某社岡部くんから頂いた94年のワインを持ち込んで、乾杯でございました。あー美味しかった。って、また太っちゃったけど。

うちの家系は長生きが少ないので、なんとか結婚40周年を、生きたまま、、、目指したいと思います。

好立地のテナント開業

今春に弊社にて開業された多田先生にご協力頂いて、写真を掲載させていただきます。

地下鉄ほぼ直結、なおかつ国道36号線とアンパン通りが直交する、ベストポジションの新ビルでございます。36号線の坂なので、なおさら目立ちますね。

実際中に入ってみると、天井が高くて気持ち良いです。受付、待合室周りもビューティフル。パーテーションが半透明で診療室内もスッキリ。導線混合型のレイアウトなので、スペースにとてもゆとりがあります。

私がお邪魔した日の内覧会も大盛況でごった返していましたが、先生、スタッフさんとも手慣れた素晴らしい対応で、患者さんも安心して来院されるのではないでしょうか。充実したトレーニング期間の成果が現れたようです。

地域医療に対する、これからの大活躍を祈念いたします。

久しぶりのキャンプ

いまいち張りが足りないような、、、

昨年末からいきなりかみさんがキャンプ道具に興味を示し始め、秀岳荘に展示してあったスノーピークのシェルターがかっこいいとか言い出し、いざ今年になって買おうと思ったら廃番になっちゃった。んで在庫調べたらスノーピーク直営のポロシリキャンプ場にあるというので、買ってきました。値段は、、、、ギャーでございます。最近のはお高いのね。で、このテント、聞くと設営がとっても大変ということで、「ここ」に泊まりに来てくれたら、設営を指南しまっせ、ということで5月の連休の前半に行ってまいりました。後から考えたらカミさん、「ゆるキャン」というアニメ見てたようで、、、、その影響だったようです。

で、実際に設営してみると、これがなんたって大変。フレームがスリーブを通してクリップにはめるのですが、腕力だけではなくてコツが必要。お陰で次の日、筋肉痛になりました。で、形にはなったけどルーフとかよくわかんないのでスノーピークのお兄さんにヘルプお願いしたら来てくれて、「惜しい!」70点くらいでしたでしょうか。ということで完成でございます。

夕食はすき焼き。このメニューが「ゆるキャン」に出ていたのだそうですが、まあ簡単だし、油飛ばない、煙でないの三拍子でございます。皆さんにもおすすめですよ。

しかーし、夜の帯広はどんどん冷え込みます。食事している間にもどんどん足元から冷えてきますので、下半身は寝袋をかぶせて夕食です。ワイン飲んでも全然酔わない。いざ就寝しようと思って、布団型羽毛寝袋に入っても一枚では怪しかったので、人形型寝袋を中に忍ばせました。おかげで快眠。久しぶりの地面に寝るという行為も、なかなかでございました。

朝起きて隣に人と話すると、寒すぎて一睡もできなかったとか。やっぱり準備は大切ですよね。朝ごはんはホットサンド。最近の道具類はぜ~んぶおしゃれですが、いちいちお高いのね。あと、荷物が増えることも課題ですね。春や秋のキャンプは静かだから良いけど、できればストーブ持参が良いよね。でもさらに荷物が、、、、

久しぶりに三段山に登ってきました。5年度度前に登ったときには爆風で、一瞬でカメラが凍ってしまいましたが、今回はもちろん大丈夫。3時間弱で登頂成功でしたが、今シーズンは基礎スキーのトレーニングが中心だったので、登りは3回目。太腿の筋肉をできるだけ使わないようにエコ運転でハイペースにならないように注意しなければなりません。

頂上に登った人にしかわからない、三段山から見た裏のカミホロカメットク山のパノラマ景色は「スゲェ~!」の一言でございます。腰痛でどーしよーかなーと思ってましたが、ツアーに参加してよかったーと思うひとときです。

この頂上からスキーで滑るわけですが、太ももがちょっとお疲れ気味で、満足の行く滑りではなかったのですが、まあそれなりに安全運転ということで。中腹ではみんなでジンギスカンパーティでございます。

最後、白銀荘の露天風呂で、先に入った男連中がいないなーと思ったら、プカプカと水着着たお母さんやら女の子がこちらをチラリ。その女の子が「ここ、露天風呂じゃあありませんよー!」と。不覚にも59歳にしてあられもない姿を披露してしまいました。見た人も、、、おっさんのヌードなんか見たくないよね。後から扉を確認したら、

「大人は水着着用のこと」

とでっかく貼ってありました。反省(._.)

父の記憶

うちの父親の事を知っている人ももうだいぶ少なくなりました。60歳と7ヶ月で突然亡くなりましたから、もう20年以上も前のことです。

息子としてはいつもガラガラ声で怒っている印象しかありませんが、この写真のように笑っていることもあるんだぁ、と改めて感慨深いです。暴走族に追いかけられていたのに、いつの間にかその暴走族たちを道路に正座させて説教していたとかいう伝説があるので、なかなかの迫力だったのではと思います。

家族で食事していたとき、蝿が茶碗に留まったら、なんと箸でその蝿をつまんだではありませんか!

「お父さん、すごい!」って、みんなでびっくりしたら、何食わぬ顔で箸を洗わず、そのままごはんを食べ始めて改めてみんなで絶叫!したこともありました。

みなさんもどこで死ぬかわかりません。後悔のない人生をお送り下さい(゚∀゚)

3・11

今年も3月11日がやってきました。いまから7年前、その前日はGCさんの本郷本社のお披露目会に出席後、札幌に戻り、当日はビルの7階にある税理士事務所で打ち合わせをしていたことを思い出します。

まずは静かに8の字を描くように揺れ始め、次第に振幅が大きくなり「や、一応逃げましょう、、か、、」かなんか言ってると一旦収まって、、、と思ったら大きいのが来て、、、、ビルがまっぷたつに折れるんじゃないかと思った。会社に戻ってテレビを付けてみると、次から次へと津波が押し寄せる映像が映し出されて居たわけです。ちなみに前日東京から帰らなかった「K田社長」は新聞紙に包まって寝たそうです。

次の日はスキー場に行く約束がありましたが、まあ当然行きたくなくなったわけで、しかしながら主催者が決行するというので、通行止めを回避しながらニセコグランドホテルに宿泊。みんなでビール飲みながら建屋が水素爆発してるのをテレビで見て、「これって、日本やばくねぇ?」とまじめにドキドキしました。次の日はアンヌプリスキー場に行ったのですが当然、スキーなんかしてる奴は全然居ないわけで、誰も居ない、不思議な光景でした。テレビ付ければACジャパンで、いろんな会合も自粛ムードでしたね。

あれから7年。あの時は偶然民主党政権だったから不運だったのよとか言う人もいますが、あんまり関係ないかも。それよりも、第二次大戦中から今日まで、いまだに政府の大本営発表を皆さんが信じちゃってるっていうが、「日本人の長いものに巻かれろ雰囲気」が、ちょっと恐ろしいのです。だって、その前まで「原発は絶対安全だ」って、国はさんざん言ってたじゃない。数十年おきに地震や津波が起きる地域だというのに、しかも海からの高さもわざわざ低い場所に原発つくったんですから。まあ、後出しジャンケンと言われればそれまでですが、、、、

そう、あの時から7年しか、経っていないのに、既に風化が始まっているような。

冬山遊び

い人たちと一緒に、小樽の塩谷丸山に登ってきました。メンバーは日本人4人、タイ人2人、イタリヤ人1人といつものメンバーでございますが、スキーヤーは僕だけであとはスノーボーダー。ここはいつも行くところですが、アプローチが長いのが玉に瑕。住宅街を抜けるのに約30分。滑走ポイントの頂上直下まではさらに2時間半。一時間分だけ滑っておりて、登り返しに1時間、と来れば、約60歳はほぼグロッキーであります。ましてや今回はテレマークスキーで行きましたから太ももへの負荷はほぼ倍。最後のお帰りコースでは太ももが攣り始める始末。途中でガスストーブでお湯沸かし、日清カップヌードルを食べた時が、生きている実感が湧く瞬間でございます。自宅帰ってからは小金湯温泉直行!こんな楽しいことが後何年出来るのだろーねー。

最後に、、、、一人で滑ってる人がいましたが、怪我したらどーすんだろーねー、っと、昨今のバックカントリーブームを感じる、今日この頃でございました。

万年筆も、、、好き

まれつき左利きで、小さい頃には左手を紐で縛られて、泣きながら食事させられたので、こんなネジ曲がった性格に育っちゃったのですが、おとなになるとそのクセ字が気に食わないわけでして、死ぬまでになんとかきれいな、日本人らしい美しい字になりたい!と一念発起でユーキャンに申込み、5年ほどでようやくもっともらしくなったわけですが、僕は弘法ではないので筆も万年筆も思いっきり選ぶわけでございます。一昨年は奈良に旅行行ったついでに伝統工芸士のおばちゃんから筆を3ホン購入しましたが、其の書き味はスバラシー。数段上手になったと勘違いさせてくれます。

で、今回は万年筆。左利きには万年筆、刺さる方向にペン先が走るのでもともと不得意なのですが、中字以上を選ぶとダイジョウブなわけです。今までもパイロット#3776センチュリーの牛柄セルロイド中字やセーラーの中太を使っていたわけですが、、、、、

で、瑞宝舎でペリカンの限定バージョン中字を発見してしまったわけであります。書いてみると、その無骨さが素晴らしい、、、、、お値段は?、、、グゲー、、、でも仕方ない、、、、

あけまして

キロロの裏にて、、、キャッホー!

、、、、めでとうございます。昨年度は痩せようと思ってマラソンに参戦しましたが、その後何故か満腹中枢が壊れてしまい、逆に太っちゃいました、、、トホホ。

秋に旅行行ったので小遣いが底をついてしまい、バックカントリーツアーに行けないので、今月は自力で登るか、リフト回しで我慢するしかありません。しかーし、何故かスキーは絶好調。夏に還暦を迎えますが、ジジ臭いフォームでは写真写りが悪くなるのでストレッチ頑張らねばと思います。

2017年も終わろうとしています。

100年記念塔、、、じゃないよ(゚∀゚)

なさん、今年も一年、お世話になりました。改めて考えてみれば1月には北央デンタルさんの廃業、9月にはオオシマさんの倒産と、北海道内でもイロイロ事件があった2017年でした。2018年にはこんな事件がないことを祈ります、、、、って、一応組合の責任者ですから。

で、考えてみれば前述の2社および帯広の藤田さん、釧路デンタルサプライさん、北海道デンタルサービスさん、これらは事業承継に問題があったという点で一致するわけですが、これは歯科ディーラーだけの問題ではなく、おそらく殆どの業界、事業所が似たような状況ではないでしょうか?あと何十年か経つと、日本から中小零細企業が消えてなくなるのではとビクビクするとは信金さんのお話。そもそも日本から会社が無くなるって話なので、銀行さんだけじゃなく、ニッポン、ダイジョウブ?って話ですよ。

せめて歯医者さん、技工所さんには元気でいてくれないと、と思う、今日この頃です。

みなさま、来年は良い年をお迎えくださいますよう、お願いいたします。

相撲騒動そもそも

この人の行動と、「特殊な洋服のセンス」の方に眼が行ってしまいます

間を賑わせている、相撲界一連の事件、一向に収まる気配がありません。が、プロレスならいざしらず、そもそも外人さん入れるからそんな問題が起きるわけで、、、「国技」だ、「神技」とかいわれるなら、日本人だけでやれば良いのにと思うのは僕だけでしょうか?

僕が子供の頃から、「人前で尻出して恥ずかしい格闘技」だったわけで、マワシ外れたらどーするんだろーとか、いっつも考えてテレビ観てました。

国技とか言いながら昭和30年台生まれの僕でさえ、体育の時間にはすでに無かったし、ましてや神道に関係するとは知らなかった。そんな相撲ですから、人気が落ちて、相撲部屋に入門する子どもたちが減って、仕方ないから外人さん入れて、、、白鵬が横綱としての品格に欠けるとか、そりゃ無理ですよ、日本人だって品格無い奴、いっぱいいるのに、、、おれのことか、、、、

相撲をスポーツとして捉えるならば外人さんゼンゼンOKだし、マワシの下にはスパッツ付けたほうがよい。女性が土俵に乗ったらダメとかはありえない。部屋制度もおかしいし、対戦方法もリーグ戦とかトーナメント線とかじゃないと。NHKの独占放送なんてのもナンセンスね。まあ、SUMOというスポーツもあるようですが、、、、そのへんがよくわからないのです。もちろん、伝統を否定するつもりはありませんが、外人さんによって支えられている伝統っていわれても、ピンと来ないなぁ。

参加側に人気がなくて、観る側に人気があるっていうのは、ギリシャ時代の罪人とライオンの対戦を思い起こすっていうのは、言い過ぎでしょうか ね?

若かりし頃

レゼン用に昔の写真を引っ張り出してみたら、こんなのが出てきました。今から34年前、アメリカ合衆国を一周した時の写真です。

オレゴンにあるエーデックの工場で8ヶ月ほどお世話になった後、ワーゲンのゴルフを売却したお金でオートバイ買って、「アメリカ一周してきたら幾らで引き取るの?」って約束取付けてから出発したわけです。

オレゴンを出発しロッキーを越え、東海岸のボストン行ってからニューヨーク、ワシントンを経由しフロリダからキーウエスト。メキシコをかすりながらサンディエゴ、ロスアンゼルスを経由してまたオレゴンに戻ってきたわけです。

70日程度の旅行でしたが、それが今でも記憶に残り、またやってみたいなーとか思っちゃいますが、僕ももう59歳ですから、諦めなければなりませんね。そもそもオートバイ寒いし。

cadセミナーあれこれ

この娘が講師、、、、、、なわけはありません。

11月18日、蘭店主催でcadcamセミナーあったんで見物に行ってきました。cadのセミナー、久しぶりに聞きましたが、使いやすさと精度が両立してきた感じがいたします。しかも3シェープの廉価版スキャナが出たのと大臼歯保険導入の噂が相まって、にわかに活気づいてきたので、納期はすでに2ヶ月半待ちとのこと。これからはどんどん伸びちゃって、数年前に起こった滅菌器長期欠品やら口腔外バキュームやらと同様のことが起こりそうな気配です。

さて今朝の歯科新聞で、名門技工士学校の募集停止の記事が載っていました。世の中的に歯科技工がブラック系だということが広まっているようですね。反面、レコード世代の50台技工所社長は相変わらず「cadはまだ買えない」という人も多く、反面、先日偵察に行った矯正学会では昔のスタモを口腔内スキャナでスキャンして模型を整理するのがブームと聞きました。そう、これから数年は①働き方改革と技工②デジタルデンティストリーの(クラウン・ブリッジ側の)革命的普及③相変わらず「3K」のデンチャー制作方法④デジタル難民ラボ⑤仕事出す先が激減する歯科医院、、、のせめぎあいとなるのです。

 大臼歯の保険導入→小型ラボのcad発注が集中→納期が9ヶ月後に→さらに技術習得が2ヶ月→その間に口腔内スキャナが相当数普及→お客が他ラボとすでに契約→廃業する技工所多発→さらに技工士学校が、、、、

こんなことにならなければよいのですが、、、

東京デンタルショー

11月10,11日と東京デンタルショーに行ってきました。といってもこんなことばっかりしているから、どんな展示があったかは他の人に聞いてもらったほうが、、、、

とは言いつつ最低限のレポートを。まずは息子を人質に取られているGC中尾社長にご挨拶、プレッシャーを充分掛けられたあと、会場を歩きます。

口腔内スキャナは数社から出ていました。デモンストレーションは黒山の人だかりでしたが、初めてデモを見られた方は劇的な使いやすさちょっとびっくりしてましたね。あと北海道デンタルショーでも2社出展していた3Dプリンターは既に5,6社に拡大中。バーやクラスプのパターン制作に絶大な威力を発揮します。デンチャー系作業の革命となり、既にバックオーダーをたくさん抱えているとはクルツァ大岡社長談。

ユニットの新作はモリタさんがソアリックの進化版を発表していました。かっこよいですねー。ヨシダさんの高級機種も初めて拝見しました。これもゴージャス。白水さんは廉価版CTを紹介。「いくらにしよーかねー」と中山社長に相談されましたので、僕の意見が反映されるかもしれませんね。

ということで、東京デンタルショーも海外のデンタルショー風に少しずつ垢抜けてきました。これでアルコール解禁になれば更に楽しいそうですが。

追記

GCさんにお世話になっているうちの息子が、「この写真ちょうだい!」っていうんで添付したら、「社内の報告書に使いましたっ!」って言う返事が、、、、、この写真は、、、まずいよ、、、

 

初!札幌マラソン

この時は余裕綽々。この後人生最大の試練が訪れることになるとは。

年2回めとなるマラソン大会。というかハーフマラソンは初めてでございます。春の千歳国際は10キロだったから、走り終わったら「まだまだ大丈夫ね」と余裕カマしてたので、その倍くらいへっちゃらだと思って秋はハーフにしてみたわけです。今回はドランカーズという酔っぱらいチームに臨時参加。皆さんお世話になります。今回の目標は「2時間半完走で、生きて帰る」ことです、冗談抜きに。

そもそも15キロ地点までは下りだけど、残り6キロはずーっと登りなので、最初から後半が苦しいのはわかっていたから、前半は抜かれても辛抱辛抱。スタイルの良いお姉さんについていくのをモチベーションに、大通公園までは快調にのんびり飛ばします。あら、会社の西川君が沿道に。

ところが15キロ地点。豊平川河川敷に入ると事情は一転。太ももが悲鳴を上げ、吊る寸前であります。ちょこっと競歩風に歩いてみたのですが、これが歩幅を大きく出来ない。仕方なしに太股の後ろ、ハムストリングを使ってスローペースながらも走り続けました。うぅ、10歳年上のチームメイトお姉様に抜かれてしまった。ドランカーズの応援部隊にも励まされます。

真駒内公園に入るとこれがまた上りばっかり。涙がちょちょぎれます。それでもビッグバンド時代の仲間が偶然応援していてサボるわけにも行かない。やっと下りになっても、太ももが痛くって動かない。アリーナにやっと入ったと思ったらJの字方にあと半周。なんですぐゴールじゃないのよ!と、ヒトをこんなに恨めしく思ったことはありません。よく考えたらハーフマラソンって、20キロじゃないのね。

結果は2時間40分。自己目標は2時間半でしたが、20キロだと勘違いしていたので、まあまあでしょう。しかも、10歳ほど年下のヨシダのオオシマくんに勝ったぞ!   来年は楽勝で完走してみたいです。

マラソン大会って馴染みなかったけど、仲間や沿道の応援する人々など、人間一人では生きていないんだなぁって、改めて感じた次第です。この歳になっても色々発見があるものです。

キャンディ(千葉市稲毛)というバー

葉の稲毛にあるジャズオーディオバー「キャンディ」に、出張ついでに行ってきました。やっと見つけるその佇まいはなかなか格好良いではないか!んで、中に入ると爆音!まるでスピーカーの中に入って聞いているようなもんです。初めて経験するヒトは殺人的と表現するかもしれません。が、僕等はジャズ喫茶で育った世代、この程度ではへこたれません。お皿回してるのは、、、ななななんとおばちゃまではないか!

んで、肝心の音は??? お金かかってるだけのことはあります。エベレストDD66000はそんなに珍しくなくなりましたが、これだけ爆音で鳴っているのはなかなかお目にかかれません、ちゅーか、初めてかもしれませんわ。ちなみに知らないヒトに解説。エベレストDD66000はお値段600万円以上。パワーアンプは新型レビンソンのモノラル。オーディオの総額は1500万円を楽に超えるものと思われます。

店内でも驚きましたが、さらに驚いたのはその店を出てから。改めて外に出てみると、、、全く音がしないのであります。完璧な防音、、、建物にもお金かかってるわぁ。

オンワードクリエイティブセンター

ンワードクリエイティブセンターとのお仕事をご紹介しますね。この写真は中央区M歯科医院様のご許可を頂いて掲載したものです。先代のお父様が40年ほど前にビル開業されて、数回改装を重ねましたが、今年8月に美しくリニューアルでございます。ビルの管理会社との交渉もあって、一年かかりでようやく工事完成となりました。デザイナーのセンスが生きた、素晴らしい仕上がりとなったと思います。

オンワードクリエイティブセンターは、オンワードで取扱のブランドイメージで内装を誂えることが可能です。是非一度、ご相談下さい。

屋形船

まれてからほぼ60年経ちましたが、屋形船って、乗ったことありませんでした。で、初!屋形船でございます。

乗り場のある浅草橋に行ってみると、あれれいきなり江戸時代風。こんなところがあったんですね。今回は特別ルートでスカイツリー経由でお台場まで。お料理はお刺身と天ぷらのフルコースでございますが、案外屋形船ってドシドシ進むのね。ちょっとびっくり。

川からの眺めはいつものアングルと違って新鮮でございました。

初コメダ

宅近くの石山通にコメダ珈琲が出来たぞ。というわけで頼んでみました、つぶあんトースト!い~歳こいて、と言われそうですが、好きなんだから仕方ありません。こんなもの食べてるから、痩せるわけないよね。

で、どーだったかと言えば、脂っこいアンパンのような味、、、、当たり前ですかっ。でもつぶあんは甘すぎるような。

で、肝心の珈琲の味は、、、、まあ、こんなものでしょうか。是非一度、行ってみて下さい。

CT展示機のお知らせ

日初めて北海道で1号機が納品されたアイキャット製CTを札幌本店にも展示いたしました。道内に一台も無いっていうのも、やっぱり不安ですよね。ということで、正式には2台めとなる展示品を置いたのですが、普通なら中身ガランドウのモックアップのところ、これはゴージャスにも本物でございます。まあ、レントゲン室ではないので撮影はできません。が、既に撮られた画像を操作するのはOKですので、お気軽に遊びに来てください。

さて、この機械の特徴は

①価格の割に広いFOV 

②アーチファクトの少なさ

③パノラマの写りが他社兼用機より解像度が高い

でございます。その真偽を是非、あなたの目で、、なんちゃって。

趣味のお話(オーディオ編)

スピーカーにひいてあるのは、ホーマックで売っているコルクブロックを左右3個づつ

★そっち系以外のヒトにはほとんどわからない話なので、飛ばして下さい。

とんど子供の頃から「電子ブロック」なんかで遊んでいたせいか、中学生の時にモデュラーステレオ(3点セットの家具調ステレオ)を親に内緒で分解し始め、気がついたときには大改造。高校の修学旅行で秋葉原に行くとレコードプレーヤーのアーム(サエクのWE308)なんか買ってくる始末。JBLのツィータやフルレンジを山水電気から通信販売で購入したりしてオーディオ歴が始まりました。「オーディオって、何が楽しいのかよくわかんない」とおっしゃる方々も、そりゃ「アンプ買ってくて繋いで終わり」だったら、金かかるばかりで楽しいわけないよね。僕の場合もいわゆるブルジョワジー的なオーディオではなく、こんなふうに自作から入った、昭和の少年なわけであります。

で、今どんな事してるのかと言えば「4ウェイマルチアンプ方式」という代物で、自分を見失いかねない、危ういものでございます。なんで「自分を見失いかねない」のかと言えば、例えば「山下達郎の録音された声」って、録音時のミキサー室に立ち会った人しか聞いていないわけで、何が正しいのかは普通、知りません。で、普通の人は音色を調整することは機器を買い換えることでしかできないから、そんなこと考えなくてよいのですが、マルチアンプでは調整次第でいかようにも変わってしまって、中間点がわからなくなるのです。じゃそんなことしなきゃいいのに、なんでするのと言われれば、マルチアンプではない普通のスピーカーは周波数帯を仕切る「ネットワーク」に含まれる(コンデンサー)が信号のレスポンスを悪く?鈍く?してしまい、重ったるい音となってしまい、あるいは数種類(高、中、低など)のスピーカーを一台のアンプで鳴らすことによるインピーダンス変化、逆起電流も当然影響するので、それを解消するのがマルチアンプでございます。ネットワークが入っていないフルレンジスピーカーの音が小気味よいのはそのせいと言われています。

ところがフルレンジでは声の帯域はともかく、エレキベースやシンバル、ピアノの高域に元気や艶がなくなります。ホールの反響音も寂しくなるのですが、能力的に仕方ありません。ということで高域用や低域用のスピーカーを追加していくわけですが、アンプの信号をそのまま流してしまうと、、、高域用はぶっ飛び、低域用は音が濁る、、、、ということで「ネットワーク」で必要な帯域だけにエネルギーを絞る事になります。でもレスポンスが悪くなるので、音楽の活きが下がるわけです。だから、マルチアンプシステムというわけです。

でいまはどんなことになっているのかと言えば、信号を分割するチャンネルデバイダだけで エレクトロボイス~アキュフェーズDF15L~アキュフェーズDF38と進化。4台のアンプたちも中古ばかりなので運命的な出会いばかりですが、いろいろ入れ替わりました。

スピーカーは1980年頃製造されたJBL4343を中古でM越屋コーヒーM越社長から買い受け、その劣化したエッジを自分で補修(純正ではなくエクセーヌエッジ)。中高域のホーンはスラントレンズの音が嫌いだったので、バイラジアルの樹脂製に換装。配置はCADで設計してインラインに変更するという愚行でございます。もちろん内蔵されていたネットワークは現在はすべて撤去でございますが、最初は2ウェイマルチからどんどん4ウェイまで成長させたわけであります。息子がお腹の中にいたときに買ったので、もう25年の付き合いになります。ちなみにLOWとMIDの接続周波数は224Hzと標準よりも半オクターブほど低めに設定。こうするとエレキベースやピアノの低音部の解像度が上がりました。ちなみにミッドバスのチャンバーも20%拡大してあり、吸音材の材質や量も変更してあります。

で、何が楽しいのよ、と聞かれるとまあ、行為自体は子供の機械いじりみたいなものですが、たまーにミュージシャンが「降霊」してくることがあるのです。その瞬間がたまらない、、、、、ワカンネーダローナー。

観たぞっ

画館行こうと思ったのに、あーだこーだ言っているうちに上映が終わっちゃった「君の名は」がジェイコムオンデマンドで配信され始めたので、解禁日に早速、鑑賞しました。ツタヤ行ったって、まだまだきっと借りられないもんね。

物語は「時間と男女が入れ替わるデジャブ」ってな感じで、ちょっと新鮮ですが、それよりも絵の美しさにハッとしますね。さすが世界に誇る日本のアニメでございます。

ストーリーが中盤まで進むと、前半に暗示されていたシーンが実は意外な結果になっていたことに驚くわけです。創り込みが丁寧。

ラストシーンで二人が階段で出会った時、思わず涙腺が緩んじゃいました、、、うぅ、逢えてよかったねぇ。

まだ観ていない方は是非!の作品でございました。

開拓の村って、知ってますか?

顔色がみんな、青いぞ

海道民なら知っておいたほうが良い、北海道の歴史ですが、ここは野幌にある「開拓の村」でございます。いつもは野幌森林公園にマウンテンバイクライドしに行ったときに、柵越しに覗き込む程度だったわけですが、今日は入場券を買ってちゃんと見学するぞ。

で、入ってみてびっくり、どこにそんなお金あったの?って言うくらいお金かかってます。ヒストリカルな建築物を20数棟移築してあるのですが、じゃ、ここっていつから準備していたのかねぇ?あの入場料では絶対にペイできません。朝から夕方までいても、充分に見応えありますので、是非お子さん連れで行ってみてね。

ただし、、、、人形の顔色が全部ゾンビっぽく青白いのと、夏でも夕方5時閉館っていうのは、いただけません。

初オオクラヤマ

日、福島から友人がやってきたので、市内観光にお連れしました。で、大倉山に来てみたわけですが、僕も上まで登ったのは初めてで、なかなかの絶景でありました。リフトを使って昇るわけですが、(まあ炎天下に足で昇るのは嫌だけど)なかなかの爽快感であります。僕は藻岩山にいつも登りますが、こちらのほうが街に近くて、よりダイナミックに感じます。ところでこの場所、もともとは「雪印シャンツェ」だったと資料館の展示に記載があり、遺構がリフト下りの終点近くで右側の石垣にも表記がありました。ジャンプ台って、結構昔から有るのね。

で、札幌市民の皆さん、観光って他にどこをおすすめですか?

シート色が変更になったよ

日ブルーで仮納品されたカボユニットが、ようやく指定色に変更になりました。やっぱりこちらのほうが色っぽいですねー。ドクターチェアーとも同色になり、見栄えがします。ぜひ見に来て下さいね。

 

ヘイゾー先生

会費の高-い業界団体に入っているので、ギャラの高いスピーカーのお話を聞けますが、今年は竹中平蔵氏。昨年の純ちゃんよりは面白い話が聞けるかもと思い、ちょっとワクワクしますが、学生時代に全く勉強していなかったので、経済学教授のお話についていけるか、ちょっとドキドキします。反面、経済学や経営学って本当に学問ですかぁ?とか疑ってかかるまこちゃんなので、そのあたり疑り深く行きます。

さてお話は景気から。トランブ、ブレグジットなどの「乱気流」には落ち着いて、「偏西風」には風に乗るように帆を張って対応しましょうと。

また、「第四次産業革命」という言葉がドイツで2011年に発表されたにも関わらず、その年の大災害により完全に遅れを取った日本。まだまだ挽回のチャンスは有るけど、そうこう言っている間に亡くなっちゃう職業もたくさんあるので、歯科業界はそうはならないように頭使って頑張ってね、と言った内容でしたが、たびたび加計学園など「時の政権」を擁護する発言があって興醒めしちゃうので、ここは経済学者になりきって頂いたほうが素直に聞けるのでございます。

ということで、純ちゃんよりはタメになるお話で、良かったと思いますが、天才?一流?経済学者かと問われると。。。。。結局誰かの後を追っているだけかと。

ちょっとアメリカが羨ましい

主党政権時代と比較してたから随分とマシに見えた第二次安倍内閣ですが、ここにきてやり過ぎが次から次へと発覚。森友学園から加計学園、はたまた準強姦事件のもみ消し疑惑まで。こりゃ戦前の日本と同じですな。

先日のトランプ大統領がFBI長官をクビにした事件ではちゃんと監視の目が行き届いているって言うところはさすがアメリカ合衆国でございます。

そもそも公務員倫理規定では、学校時代の同級生であっても利害関係者になってしまったら一緒に酒を呑むことすらダメって書いてあるのに、ならば総理大臣がこんな写真が載ってる事自体、大問題なわけです。自分に甘くて、下のものに厳しいこの国って、なんかおかしいよね?

ところで読売新聞の前川前事務次官の記事、あれって「合法」ですよね?なのになんで記事になるの?個人の「趣味」について全国紙の記事になるとは、前代未聞ですな。ちなみに私にそっちの趣味はございませんので、念のため。

アクティブブレインセミナー

近、加齢が原因なのか物忘れがひどくなっているような気がしていたので、昨年11月 福岡に行ったときに最近大ブレイクしている松井商会の松井社長に会ったので自社向けのセミナーを申し込んでみたらなんと半年後まで埋まっているとのこと。仕方ないので直近のスケジュールということで申し込んだら6月初旬になっちゃいました。

で、研修の前の晩、「飛行機の中でトランプの順番をすべて覚えましたよ」とか言ってどんどん当てていく松井さんをみてて、ちょっと気持ち悪くなってきました。

が、気を取り直して一日目の朝。まあやっぱり、僕も含めて殆どの人が記憶力はあまり良くありませんでしたが、これが、なななんと!次の日にはランダムな配列の160個の単語を見事に殆どの人が覚えてきて、しかも逆からでも言える状態になっているではありませんか!二日目が終わる頃には別なテクニックも加わり、おそらく受講前からみると3倍ほどの能力に拡大されたようであります。ちなみに私、夜11時半まで練習してから、次の日は5時に起きて、30分ウォーキングしながら、その後シャワー浴びながら練習を繰り返して6回以上成功していなのに、「マラカス」を「マスカラ」って言い間違えちゃった٩(′д‵)۶

受験生を持つ親御さん、歯科医師国家試験受験の方など、絶対におすすめですよ。ちなみに松井さんの息子さんは東大を受験を受験予定とのこと、、、、、、、

展示ユニットが追加になったよ

5月12日に弊社初お目見え kavoE70が運び込まれました。

改めて見ると重厚感たっぷりです。特にアシスタントサイドはチェアの片持ち機構が組み込まれているせいもあり分厚いのですが、それが存在感を一段と増しています。

本当はパープルを頼んだのですが、欠品中なので仮にブルーのシートが装着されています。ブルーを確認したい方は今だけチャンス!

ちなみに右は以前からあるGCルアーナ。マッサージ機構の付いたユニット第二弾です。お疲れの方は是非弊社ショールームで一休みしていって下さい(゚∀゚)

IDS付録(ヘルシンキ編)

ケルンの後にプランメカ社のあるヘルシンキに寄って、会社・工場と市内歯科医院を見学させていただきました。湖のほとりにあるゲストハウスでサウナ~湖ダイブチャレンジの後にサーモンパーティ。肉攻めでくたびれた胃に、魚はホッとします。隣にはアラブの歯科ディーラーさんもご一緒ですが、プランメカのユニット数百台売ったとか( ;∀;)

歯科医院では治療目的別に部屋が分かれていて、ドクロ入れ墨の入ったお兄さんがご案内してくれ、ちょっとビビります。治療目的に分かれた専門医が、その日やってきて、治療の対応するとのことです。もちろん一人で何でもこなす歯科医院もあるようで。

2017IDS#4

CADCAM一色だった前回と異なり、3Dプリンターオンパレードの今年。二年でこうも進歩するかと思うと、また次回も来たくなりますが、会場全体を掌握するためには脚力も必要だと改めて感じました。次回はスニーカー持参で参ります。

2017IDS#3

モリタさんはなんとVR!一つの画面に現実の映像とCT画像を合成、なおかつパノラマやカルテ情報を視野の上部に配列してより効率的な治療をシミュレートしていました。ある意味、今回これが一番新しかったかも。前回よりもユニット台数が倍増していて、本気度が伺えます。

カボは今回新しいCADCAMをノーベルさんと合同で発表。以前のノーベルのシステムと合体~連携され、一連のシステムが連動されることになります。最後の画像はオマケ。

2017IDS#2

可愛いお姉さんにはついつい足が止まってしまいます。これは色んな味の歯磨剤で、なんとゴールド味!というものまで。色んな味を試しましたが、結果、歯磨剤なので、美味しいと思うものはありませんでした。まあ、あたりまえかぁ。

NSKさんは日本で販売していないものの展示がありました。真ん中は滅菌機能付きタービン洗浄機、右はポータブルユニットです。可動式ポータブルユニットは、総合病院なんかにもってこいじゃないかと思ったんですが、販売の予定はないそうです。

プランメカでは3Dならぬ4Dまで。顎運動を記録するものです。

光学印象もカラー化、ハイスピード化など、進化し続けます。日本での普及までには価格の問題がありますが、入れている人の話では患者への負担には雲泥の差があるとのこと。寒天が熱いとか、アルギン酸印象材が冷たいとか、あと5年もすると過去の話になるのかもしれません。

2017IDSに行ってきました#1

前回のパスポート盗難事件を乗り越えて!今年もケルンInternationalDentalShowに行ってきました。

で、たった2年でこうも変わるのか!と思うほど3Dプリンター一色でした。日本のメーカーはGCさんがそれ専用のマテリアルを各社に供給契約しているようで、プリンターのハードウェアは工業界のものを使うのが一般的。今のところは薬事の関係でテンポラリー用としてのマテリアルですが、いずれはファイナル用に認可を通すことになるようです。

メラグ社のオートクレーブは大型のものが展示されていましたが、こいつは序の口、奥行き1800mmという、オペ室等の壁を突き抜けるものまで。エアフローはかっこいい新型が展示されていましたが、メンテナンスまで含めて考えられていた設計です。このEMS社は何故かお寿司コーナーまで登場。ココ以外にも寿司バーは人気でした。

船橋イケアに行ってみました

船橋のイケアに初めて行ってみました。北海道にイケアは無いので、初めてでございますが、何事初めてっていうのはワクワクしますよね。で言ってみれば、ここは家具版コストコでしょうかね。巨大なソファーも自分で積み込むのはちょっとびっくりでございます。品質、価格帯はニトリみたいな感じ。日本的親切感はありませんが、これで成功するというのはビジネスモデルとして興味深いものがあります。

で、息子が一人暮らしするので、2階建てベッドとソファを買いましたが、運ぶのも自分たちなので軽トラ借りて、しかもマンションは3階エレベーター無しを自力で。。。。くたびれました。

冬の地鎮祭

先日、春のオープンに向けて地鎮祭が開かれました。

行ってみると僕の自宅界隈より随分雪少なくてびっくり!今年の北海道、札幌以外は意外と雪少なくて、工事着工に関しては楽なのかもしれませんね。

しかし、2月はやっぱり、、、、寒い!!!神主さんも心なしかお帰りが早かったような、、、、

体が硬い4

2月20日の様子

股割りを始めてから4週間がたちました。先週と比較して余り変わっていないかなとも思いますが、とりあえず4週間やり遂げました。

関節の可動域をむやみに広げることは、運動機能の観点から異論もありそうですが、スキーの動画を見てもまだまだ体が固いのは事実でありますので、もうちょっと続けてみようかなと思います。

体が硬い3

2月9日の様子

股割りも3週間がたちました。そう言えば肘が基準だったよね。ということで、肘近づけてみたら、あらら、なんとなく床に近くなっているではないかっ!これはもしかすると、もしかする気もしてきました。

で、改めて当初の写真を見てみると(1月18日)、、、、、人間じゃないね。

外人の攻撃

スノーフリークスさんに撮影して貰いました。

先日カムイスキーリンクスという深川のスキー場に行ってきました。スキー場裏側のコース外を滑る企画でしたが、こんなローカルスキー場でも外人の攻撃にさらされ、既にズタズタ状態。こんなことは去年まで無かったのに、、、、外人恐るべし。

世界的に雪不足ですが、北海道もニセコが今ひとつということで、各地に外人が広がっている影響でございます。でもあまりお金になっていないところがちょっとさみしい。付加価値=おかね と、言うは易し でございます。

からだが硬い2

1月31日朝の様子

さて、ストレッチ開始から2週間が経過しました。下と比べると一目瞭然ではありますが、まだまだ「股割り」には程遠い状況でございます。しかしこんなに硬かったんだねぇ、よく生きてたもんだ。

「4週間で股割りができる」基準は、肘が床に接触することらしいので、そういった意味では肘の位置は着実に10センチほどは、床に近づいてきています。

昨日もテレビで、体の硬さは加齢の基準とのこと、皆さんも頑張ってみましょう。

 

体がかたい

1月18日ストレッチ前の状態。
これが2月18日にはべったりになっている。。。かな?

子供のころから体が硬くて、6年生のころ母親に肩揉んでもらってた記憶があるので、こりゃ父親からの遺伝なのねと恨めしく思っておりましたが、だからと言って日常生活に支障をきたすわけじゃなし、まあどうでもよいことよねとも思っておりましたが最近は山スキーで登るとき、キックターンで足の開き幅が狭くって大変なことに気が付いたわけです。

でとうとう昨日、「4週間でまた割ができる」との本を発見し、買っちゃいました。本を開いてみると、ほほー、「なんで股割なのか、それは股割ができたらかっこいいじゃないか!」とか書かれているではありませんか。その心意気にちょっと感化、感動?しつつ、読み進むと10ページほどが前置き、続いてストレッチの解説が15ページほどで、のこりは。。。あれぇ、小説になっているではありませんか。。。。。まあ、考えてみればそんな股割だけで200ページとかにはならないですよね。

なにはともあれ、やると決めたのだから、2月18日までがんばりますよ。

お正月休み

みなさん、お正月はいかがお過ごしでしたか?僕はいつもスキー三昧でしたが、今回はそれに加えタラバガニ+ワイン+アニメとしてみました。白ワインはコストコで2,000円くらいで買ったカリフォルニアのシャルドネが感動モノ。タラバガニは恵庭の「魚はん」で買いましたが、勢い余って3キロっていうのはちょっと持て余しました。

んでアニメ一本目は「昭和元禄落語心中」。なかなかの力作でございました。落語というとお笑いのイメージが強いですが、人情噺の世界も素晴らしい。それを見事にアニメ化しているわけです。

続いて二本目は「僕だけがいない街」。あっという間に12号すべて未終わりました。これも日本アニメの底力を感じさせる素晴らしい作品でした。

こうやってみてみると、改めて日本のサブカルチャーって一流だねって改めて感じましたが、それに引き換え政治は三流のままと感じるのは僕だけでしょうか?

仕事納め

2016年も終わろうとしている昨日12月28日、エアコン業者と信用金庫が粗相をしでかしたので、久しぶりに怒ってしまいました。エアコン業者は予定日に電源が間に合わないのに知らんぷりしていたので、レポート書いてその上司呼んで読ませた。銀行はなんと1年も処理を忘れていた件が数日前に発覚し、今日12月29日、室蘭から本店長と担当者が謝りに来た。いずれの件も弊社社員でも起こりうる事例なので、改めて気をひししめねばと自戒の念を抱いた日となりました。

日経ビジネス読んでたら日本の年金制度がなんと、インドや中国よりも悪いって、そりゃそうよね、前言撤回何回してんだか。。。。。嘘つき国家です。まあそもそも人口増加を前提としたシステムなので、それ辞めないと絶対改善しないよね。

お昼にテレビ見てたら、都議会自民党が会派分裂とか、なんとなく日本も少しずつ良くなる兆しはあるんだけどなぁとも思っております。2016年度も大変お世話になりました。数日休んだらまた2017年の営業が始まりますが、新年度もよろしくお願いします。

冬の晴天

行ってきました、今シーズン2回めの山スキー。場所はキロロの隣、通称1107に行く予定が、雪不足のため更に隣の992(これらは名前がない山なので標高を呼んでます)天気は良いけど、雪の量は札幌の方が多いね。

キロロスキー場から入り、ひたすら標高を500m上げて、登り返しが300m、3本目は予定外だったので、太ももが攣り始めて。。。。。帰れなくなるところだった(・_・;)

筋トレで鍛えたはずだったのに、冬に入ってみれば筋力不足。。。。。というか減量不足が露呈したわけです。軽いスコップに買い替えましたが、ここで減量できるのはたかだか300g。ブーツも300gほど軽いものに買い替えましたが、雪崩エアーバッグが普通のザックより3キロも重いので、せめて3キロ、なんとか帳尻を合わせなくてはなりません。

これから正月を迎えるというのに、とほほ。

チェット・ベイカー

 先日、チェットベーカーの伝記映画「ボーントゥビーブルー」を観てきました。まあ、一般人から見るとマイナーミュジシャンであるチェットベーカーの映画がロードショーになるわけないよね。ということで札幌ではスガイディノスしか上映してません。料金払うと夫婦50割でなんと一人1000円ーーー安い。

 で、映画館に入ると、フライデーナイトにも関わらず、お客さんたった10人、、、、どんだけマイナーなんだか。今まで観た映画の中で一番少なかったかも。

 さて映画が始まってみると、決してチープな三流映画ではありません。巷で話題の「シンゴジラ」も観ましたが、あれはなんでこんなに人気あるんでしょうか?全くハラハラもドキドキもしなかったーーーー茶番ですよ。それに引き換えこの映画は、まさに自分が映画に入り込んでしまいました。

彼がどんな人生を送ったかはこの映画で知りましたが、その危うくも甘美な音色、4分音符の一音の中に歌うフレーズ。最愛の人を本能に負けて失ってしまう、ダメだけど憎めない奴。これではカタカナ英語の小林桂は真似出来ないよね。とくに「アイヴネヴァーラヴビフォー」は泣けてきます。

ただし邦題「ブルーに生まれついて」っていうのは、粋じゃないかも、、、と思っても、それが観客動員数には影響しませんけど。

信じては、、、いけない

ついこの間、クリミア半島を実効支配し、間違えて民間機を撃墜しちゃったのに知らんぷりする国の大統領が日本にやってきたぞ。

なのに「こんどこそうまくいくんじゃないか」とか言ってる元島民のじいちゃん、ボケてる場合じゃないよ!終戦日のあと北方領土から民間人が撤収するとき、どれだけの虐殺、蹂躙があったことを、留萌沖で民間人輸送船が沈没させられたことを、シベリア強制労働でどれだけの男たちが餓死、凍死したことをお忘れですか?戦勝国だからって、謝らなくていいわけじゃないでしょ。日本の周りのオオカミさんチームは、日本を利用することしか興味ないのです。

ということで、昨日は相変わらずの平和ボケ日本でございました。あー、総理大臣になりたい!

 

お勉強 その2

先日、GCさんに若手技術研修会を開いて貰いました。ということで私は若手ではないですが「監督」ということで同席しました。

で、この年になっても知らないことあるのね。プラスドライバーのネジにポッチ付いてたらJIS規格だったんですねー。みなさん知ってました?

3時間以上の講義、実地訓練はくたびれましたが、若い連中は勉強になったようです。

お勉強

歳とると勉強が億劫になります。ましてや過去の自分を否定する勉強なんぞ、したくありませんよね。

ということで、買ったはいいけど読みたくなかった「生命保険の参考書」計4冊。保険屋さんが売り込みに来ると言うので、ならばと急いで読み漁りました。結果は、、、、、、あらら、若い頃からいいだけお布施払っちゃたのねと、後悔役に立たず。既に58歳になってから読んでも仕方ないよね、、、、ということで、教訓。「勉強は若いうちに」

ちなみに、どんな保険が良いかって?端的に言えば、

          ①基本、生命保険には入らない

          ②貯金する

          ③葬儀費用を安く済ませられるように、普段から周囲に葬儀方針を表明する

です。逆に絶対にやめるべきは

          ①更新型の定期保険

          ②終身払込

まあ、時を戻して、若い頃から生命保険に入ってなかったとしても、貯金残ってるわけじゃないだろうし、と、慰めてみたりして(;_;)

ちなみに法人代表者であれば、代表者の引退時期に合わせて「逓増定期」を法人加入、個人では相続税の非課税枠分だけ死亡保険加入する、っていうのが一般的なようですが、その場合でも定款などの整備はお忘れなく。

 

食欲の

これが噂の

せっかく健康診断まで時間があったのに、こんなもの目の前にしたら、がまんできませーん!ということで、行ってきました佐世保まで。58歳になってもまだお子ちゃまなのねー。長崎から下関に行く途中で、これだけのために佐世保に寄ったわけです。ハウステンボスも見ないで。

で、ドライブした感想としては、案外長崎から佐世保って、遠いのね。

で、室蘭に行ったらやっぱり天勝ですよ。前回は天そばでしたが、やっぱり天丼ですね。

まあ普通の天丼でも良いですがこれは特製天丼です。なんたってホタテのかき揚げが中毒になりますよ。

で、肝心の健康診断の結果ですが、目標には程遠く、、、、冬になっちゃったので、外走ると危ないし、、、、、早起きしたら真っ暗だし、、、と、否定的な言葉ならすぐ出てきます。でもなんとかウエストを3センチでもなんとかしないと。

宿坊体験

先日、奈良の信貴山(しぎさん)というお寺に宿泊してみました。レンタカーでナビ使って行ったら、何度やり直しても何故か寂れた墓地に着いちゃって、何かの呪いかとも真剣に思いましたが、無事到着致しました。

着いてみると、、、、まずは参道がアンビリーバボーなくらいビューティフォーで、キャリーバッグ10分引きずるも全然苦になりません。この照明は朝までとのことで、結構な電気代かと。

事務所に到着すると、坊主が信貴山開山についていろいろ解説してくれ、聖徳太子ゆかりとわかりますが、じゃらん経由なのに本物なのねとびっくり。で、せっかくだからと社業発展のご祈祷を申しこみ、翌朝は早起き決定です。ちなみに祈祷料は3,000円から。

宿坊の食事は、、、まあ、普通ですね。豪華では有りませんが、精進料理系でございました。部屋にテレビがないのがちょっとさみしい。

翌朝の祈祷は撮影禁止。とても残念ですが、素晴らしい迫力のライブパフォーマンスで、日本人ならばぜひ一度は経験してみてはいかがでしょうか。外人もたくさん来てましたよ。

ちなみに帰る際に事務所に寄ると住職が「あ、石田さん、チェックアウト、ね?」、、、、、チェックアウトは、、、、、興ざめです、、、、、

 

結婚オメデトー

うちのかみさんもこんなふうに昔は
美しかったんだけどなぁ。。。なんてね('ω')

こないだの土曜日、室蘭店の山田君が結婚式を挙げました。自社の社員が結婚するということは、とても喜ばしいことだと思います。

山田君夫婦は小さな町の小中学校の同級生で、しかも山田君の父親が学校の先生だったので二人とも山田君の父親の教え子だったという、なんとも珍しい関係でございました。そんなこんなで普通ならお涙頂戴の新婦スピーチですが、「先生には通信簿で2を付けられたことがある!」とか当時の恨みを暴露するなど、笑いに包まれたエンディングでございました。

ところで苫小牧店社員の独身社員、売れ行きがなぜか悪くて。。。。。派手ではないですが、いいやつばっかりなんですけど。。。。。。希望者募集中です。

卒業後35年目の同窓会

先日箱根で、大学卒業後35年目のテニス同好会の同窓会に行ってきました。オリンピックイヤーごとに開こうということになっているので前回は4年前、次回は2020年の東京オリンピックの年、ということになります。写真見ると「顧問の先生」ぽい人が写っていますが、そうじゃなく僕等と同期、時の流れがいかに残酷なのかを表していますね。まあ、おおよそ60歳ですから仕方ありません。

で、今日現在、大抵のメンバーは57歳ですから、次回開催は61歳ということになり、その狭間には人生の岐路「60歳定年」が待ち構えているわけです。

製薬会社の営業やっている者は、定年後の雇用延長で収入が三分の一から四分の一に激減の予定。オフィス家具メーカー勤務の者は、勤務時間や責任はおんなじなのに、収入は半分以下になるとのこと。現実は厳しいものが有ります。ここに出席している専業主婦のみんなだって関係無いわけではなく、世帯収入が減るか、今まで働きに出ていた旦那が粗大ごみのように毎日ソファでごろ寝しているか、いやどちらも併発する可能性も充分にあるのですから他人事ではありません。改めて自分には「自営業は定年がない」ことのありがたさを痛感するわけです。歯医者さんもおなじですよね。

さて労働人口が激減する事がわかっているこの日本、この「前期高齢者労働力」を生かさない手はないのです。改めてこの人材活用を考えなければならないのですが、体力、能力の出来不出来に大きな開きがあるのもこれまた事実。いかに頼られる60台になるかは、個人の努力次第なのですが、現在、不健康な人も健康な人も保険料も受診料とか同じっていうのはアンフェアではないか。やっぱり努力した人が得するシステムにしないと、みんなモチベーション上がらないよね。

今回の同窓会、親方がいない僕の立場としても、ウエスト85センチ以下をキープしなければと改めて誓いを立てる、良いきっかけとなりました。さぁ、今夜も筋トレ、腹筋割るぞー!

久しぶりに釣具屋さんにいってみたら

昔、フライフィッシングをやってました。その当時は全財産を叩いて道具揃えて、全時間を使って週末はもちろん、仕事前の早朝いい話があれば行ってました。魚の都合に合わせて夜討ち朝駆けの日々でしたが、世の中に、こんなに楽しいことがあるのかと没頭したものです。

で、10年を経過した頃、河川への不法投棄、余りの釣り師超過状態、あるいは帰り道の居眠り運転なども恐ろしく、この頃生まれた息子を父無し子にするわけにも行かず、竿を納めたわけであります。

先日、釣りの師匠と久しぶりに再会したので、その当時お世話になっていた釣具屋さんにも行ってみたくなり「武美」にお邪魔してみたら、あらら、当時の店員さんで僕と同い年の通称「ぽんちゃん」がいるではありませんか。で、僕の顔を見ても全然気が付かないので声をかけてみたら「あららら、イメージ変わっちゃいましたねぇ」なんて言われて。

それでココからが本題。僕が釣りを辞めた数年後、そのお店は倒産。その後釣具問屋のアイビックに買い取ってもらい、経営は安定。本人もクビにならずになんとかだから結果オーライ。しかしフライフィッシングのロッドは全然売れず、フライ人口も激減。もともと人口が少ないので、オービスのロッドは当時で6万円くらい=アメリカ本国よりも30%ほど高かった。輸入問屋も為替リスクあるからマージン率が高くなり、ネットで買っちゃう人が増えたようですが、当時と値段は変わらず、その反面店頭でフライロッドを手にする機会も減ったためにフライフィッシャーそのものの人口まで減ってしまうという悪循環でございます。ルアーの技術革新もあって、より「安近短」な傾向に流れているということもあるかもね。10年一昔と言いますが---------一昔半ですっかり変わっちゃう今日この頃でございます。まあ昭和薬品さんもGCさんが買収したんだそうで、(10月1日付け)僕らの業界もどんどん変化しますね。

なんでも安く買えるほうが良いと思いがちですが。。。。安くなっちゃうとダメになることもあるのではと,ちょっと立ち止まって考えたりして。さて、来年は久しぶりに釣り、再開してみよ~かねぇ~(^^)

 

 

ジョージ・ベンソン

ピアニストも素晴らしかった!

ジョージ・ベンソンののコンサートにいってきました。実はこれが2回めで、一回目は中野サンプラザで35年も前の話ですから、ワーナー移籍後の「ブリージン」が大ヒットした後、「ウイークエンドインLA」が発売された頃の事となります。

で、正直あまり期待していなかったんです。登場したベンソンは若い頃とは大違いで横幅2倍に膨らんじゃって、年取っちゃったし、声も出ないんじゃないか、指もテロテロだったら悲しいなぁとか思ってましたが、いざ演奏が始まると一曲目は試運転みたいな感じが残りましたが二曲目以降は現役バリバリ。改めて歌もギターもお上手なのねと感心いたしました。

で、改めて年齢確認したら>>>>73歳>>>>恐るべし後期高齢者でした(・・;)

老舗の味

今日はたまたま天そば(特)

最近室蘭によく行くので昼食を食べるのですが、今日は「天勝」をご紹介します。

僕の知る限り、天丼でココに勝てるところはない!というくらい、麻薬的な習慣性が着いちゃうくらいの美味しさでございます。見た目的にはイマイチですが、仕方ありません。まあ、僕のDNAに組み込まれてしまっているからなのかもしれませんが。

先日、札幌で「銀座天一」の天丼を食べたのですが、僕的には「天勝」のほうが好き。まあ天一は天ぷら屋さんであって、天丼屋さんではないですから。

他には「北京亭」のチャーメン、「なかよし」の醤油ラーメンが室蘭レジェンドですけど、最近ほかにもお勧めはあるのでしょうか?

(ほぼ)図面通りの仕上がり

グリーンのシートと
スピットンのイエローが美しい(^^)

お盆休みも終わり、いよいよ北海道デンタルショーを今週末に控えた8月16日でございます。5日も連続だとボケちゃいますよね。

さて左上の消毒コーナー図面が、ドクターの要望をパースにしたものでございますが、趣味のCADで書いてみました・・・・暇ねーと言われそうですが、好きなんだから仕方ない。で、実際の仕上がりが右上でございます。多少配列に変更が有りましたが、イメージを作るのに多少お役に立ったかなと。

右の写真はメーカー推奨より20cmほど横幅が狭いレイアウトでしたが、無事収まったKAVO1058でございます。

9月オープンに向けて着々と準備中でございます。

戸建ての2件も完成間近

昨年から設計していたRC造、札幌西部に建築中の歯科医院がようやく完成間近となりました。こちらの建物は自宅付きですが、これだけ天変地異が多発すると、CR造は安心感が違いますねー。うちの家も建て替えたいなー。こちらの歯科医院は、グリーンのアクセントが効いた洒落たデザインで、メイン通りに面しているため、とても目立つと思います。いよいよ再来週にはユニットの取付、9月にはオープンとなります。

ところ変わって札幌の南部、商業施設敷地内の戸建て歯科医院です。ここは国道に沿った敷地で交通量が多いのですが、ほかの商業施設と同じ敷地なので、「目立つけど車は入りずらい」というデメリットは少ないのではないでしょうか。こちらの現場は床壁天井の施工が済んで、残すところ家具類の設置だけとなっております。写真ではオープンの診察室に見えますが、ここから動線分離のためのパーティションで仕切られ、窓側が患者動線となります。

テナントの内装が完成

昨年大晦日に初めてこの場所を訪れ、その後決定、3月には設計事務所を遠藤設計さんに決め、7月20日ようやく形になりました。ユニットなどを取り付ける寸前まで来た(仮)K歯科医院でございます。美しい造作ですので、傷付けないように搬入するのは大変(・・;)どんな最終形になるのか、いまから楽しみですね。

母の葬儀

先日、母が満80歳で亡くなった。9年ほど前に胆管がんを手術し、それからちょっと老けこんだ感はあったが、まあなんとか再発もせず生き延びては来たが、連休中の二週間で一気に肝細胞癌が増殖し、あっという間に亡くなってしまった。それまでさんざん悪態をついていたが、去り際は思いの外あっけなかったと思う。生前、麻雀などでご迷惑をお掛けした方々、葬儀でお世話になった皆さんには誠にありがとうございました。母になり変わって御礼申し上げます。

通夜振る舞いの席ではご遺体を前に何故か社内宴会と化し、最後は一本締め~拍手で終わるという摩訶不思議な通夜でございましたが、賑々しいのが好きだった我が母にふさわしい通夜だったと思います。

さて今回、喪主なるものを初めて経験しましたが、なんたって素早い決断を迫られます。亡くなっちゃった直後にはどこかに搬送しなきゃいけない。で、自分で運び出すわけにも行かず、葬儀屋さんに電話するわけですが、病院は次の朝までも待ってくれない。

 次には日程。友引の火葬は室蘭市は駄目とのことで、そこを外す。そのあと会場の大きさ、祭壇の値段、香典返しの品目、坊主の都合、葬儀委員長の選定、寺への連絡、亡くなった人の資料作製、と、よくまあこんなにあるのかと呆れるほどでございますが、みなさんこれを乗り越えてきたかとおもうと、ちょっと尊敬しちゃいます。

自分の葬儀の際には①戒名は無しで、俗名のままでいく ②坊主も無し ③祭壇は花だけ ということを今から言っておきますので、変な葬式とと思わないで下さい。ということで、香典はいまのうち事前受付しますので、みなさんよろしくね(・∀・)あ、でもお互い様かぁ。

純一郎

「日本歯科企業協議会」というところの特別講演に、なんと、小泉純一郎が呼ばれたではないか!ということで、行ってきました・・・・・・・久々に見る純ちゃんは、随分とお年をとられたようでありんす。

しか~し、始まってしまえばつまんない脱原発の話ばかりで・・・・・・・・・黙って新設原発作んなきゃ自動的に脱原発なるんだからとゃいう意見もありーの。

ということで、一分2万円、合計130万円のありがたいお話で居眠りをするという、なんとも贅沢な一日を過ごしました(´・ω・`)

オバマさんと広島

広島市民、いや日本人にとって、待ちに待った現役アメリカ合衆国大統領の被爆地訪問だった・・・・・が・・・・みなさんこれで満足?僕は満足じゃありません。なぜかといえば

①記念館にたった10分って、何見たの?折り鶴ぅ?

②既に出来上がっちゃった原稿そのまんま喋って、現場で何を感じたのか・・・・・臨場感皆無。

③客観的過ぎて、なんか人ごと・・・・謝罪なんていらないけど

④現役大統領って言ったって、もう終わっちゃうしなー。既に話題の中心は次期大統領ですから。

以上がざっくり、僕の印象でございます。オバマさん個人的には好きだったんだけど、今回の件はまったく残念。もしかしたら例の沖縄の殺人事件で、日本政府が予定を延長して30分抗議したと有りますので、それも影響したのかもしれません。となれば沖縄の犯人さらに憎しです。

さて、僕は「被爆者」の方々にも・・・・アメリカ大統領に会って、なんか喜んじゃったような印象をテレビの映像から受けました・・・そう見えたのは僕だけ???でもそんなところもピースフルな日本人らしくって、それはそれで嫌いではないのですが・・・何かすっきりしないのです・・・

まあしかし、みなさんのご意見によると「成功」したらしいというのは結果、安倍政権の支持率アップ。「リーマンショック前」とか言ってむちゃくちゃなエクスキューズなんか関係なくみなさん消費税先延ばしはウェルカムだったからですかね。しかーし、「僕達がやったんじゃないから謝罪しないよ」というのを見事なまでに通したオバマさん、裏を返せば対中韓に日本もいままでの方針が転換できるかも、というのが今回の一番の収穫だったりして。

 

医院デザインフェア2016

5月21日土曜日に秋葉原で開かれた「医院デザインフェア」に行ってきましたよ。

これは一昨年前までデジタルフェアとして開催されていたものですが、昨年から衣替えして改装新築デザインも包括して開催しております。

北海道デンタルショーでは展示していないものばかりですが、変わったものとしては「USEN」が予約システム売ってたり、歯科医院専門の看板屋さんがあったりと、見て回るのも難易度高いですが、先方も歯科ディーラーほとんどこないので、展示側からも「何で来てるの?」みたいな感じです。ちなみに「usen」は有線放送事業から進出ですが、既に飲食業界での予約システムにノウハウがあったのでなるほどでございます。

その後床材で有名な「タジマ」のショールームを紹介され、「床検定員?」の大村さんに、歯科医院での施工について注意点を教授されましたので、ちょっとご紹介。

①ユニットを置く診療室の床は12mmコンパネを2枚重ね。

②コンパネ接合部の仕上げは入念にサンド掛け。

②ノーワックスの床材をお願いします。

②リノリウム材を貼り替える場合は、糊跡が残るのでコンパネも交換。

リノリウム床材に写真をプリントする技術も開発されていて、新しさを感じました。

 

燃費疑惑

今朝(5月12日)、朝のニュースで三菱自動車が日産の傘下に入ったとの報道。ちょっとびっくりしましたが、

   「買っちゃえ、ニッサン」

とエーちゃんが言ったとか言わないとか・・・・

度重なる事件で、三菱自動車のイメージはもう駄目かもしれないので、いっそ名前を無くしてしまったほうが手っ取り早いかもしれません。燃費ではトヨタ、ホンダ、デザインではマツダ、安全性能でスバルが売れていますから・・・・三菱も焦っていたのでしょう・・・あれれ、ニッサンは・・・・やっぱりエーちゃんかぁ。

しかしまあ、学歴も燃費も詐称はいけませんが、そんなこと言ったら日本車って、カタログ燃費の表示通りに走ることはそもそも可能なんでしょーか?????会社で社用車導入するときに7年分の経費を積算してみるのですが、仕方ないので10・15モードの現在は、燃費を8掛けで計算しています。10モードの時はまだましで85掛けで良かったのにぃ。10モード以前は完全に理論値での表示でしたから10モードはある意味画期的だったのかもしれませんが、業界の圧力で10・15に変更されたとのこと。しかーし、ヨーロッパ車はおおよそカタログデータとおり、状況によってはカタログデータを上回ることも有るのです。フォルクスワーゲンには別件でがっかりしましたが、僕はすんでのところでパサート乗り換えちゃったのでよかったなーと。

「今回の事件で日本車がイメージダウン」とか言いますが、そもそもその国交省が自動車業界と定めた走行試験そのものに、問題があるのではないでしょうか。

行者ニンニクの春

今期、行者ニンニクに毒草が混入してて死んじゃった方がいるようから、特に気をつけねばいけません。この写真は千尺高地で採取したフレッシュ行者ニンニク入りジンギスカンパーティの様子でございますが、本当であれば生ラム+ベルジンギスカンタレ(安い方)というのが我が家流ですので、タレ付き肉ジンギスカンは甚だ不本意でございます。が、山中なので仕方ありません。なんたって車から歩いて2時間ですから・・・・・シェルパくんありがとー!

ちなみに本来の目的は千尺高地からのテレマークスキー滑走ですが、やっぱり難易度高いね・・・あまりの恐怖心にコケちゃいました・・・なんたって2時間以上も歩いたあとだし・・・これからの季節で体重減らして、脚力残すようにしないと・・・・と、今年も心に誓うのでした・・・予定より6キロもオーバーしてるし・・・・

コミュニケーション練習

自分の絵を見て、改めて上手だなぁと自画自賛

4月23日は弊社社員総会でしたが、そのついでに行動心理学講師の土倉さんに社員研修をお願いました。

右の絵は

①一件の家があります。

②家の後ろには木が生えています。

③玄関には旗が立っています。

④空には月と星が出ていました。

⑤家の前には池があります。

⑥池には鳥が2羽、泳いでいました。

と講師が順番にしゃべったとおりに書いた僕の絵ですが、確認してみるとみんな違う絵になっているではありませんか。主な違いは・立体or平面 ・三日月or満月 ・三角屋根or無落雪  などでございます。

ということで、自分の意図した理解を相手に求めるのはなかなか難しいですよね。表現の「癖」というのは、①勉強して ②意識しないと 治らないものだなぁと、カミさんと息子が口喧嘩しているのを見て・・・改めて思った次第でございます・・・はぁ・・・

てつおくんとPD研修

現在は鉄製ではないので・・・厳密にはテツオではないのです。

4月9日に弊社社員向けPDセミナーを実施しました・・・・PDってな~にとなるとおもいますが、人間工学に基づいた治療をトレーニングによって身につけましょうよ・・・みたいな感じです。まあ、40年以上も前にカナダ人のビーチ先生が提唱した理論を整理⇒規格化⇒モリタさんが製品化 したものであります。

まあ、自動車だって規格化されているから他のメーカーのすぐ運転できるんだし・・・アクセルとブレーキが逆だったら運転厳しいよね。オートバイはkawasakiダブワンの初期型はブレーキとシフトペダル今とは逆だったんで、普段からの癖で急ブレーキになっちゃう、なんて話を聞いたことが有ります。戦前のハーレーはギアシフトが車みたいに手だったりするモデルもあったそうで、そりゃハンドルから手を離すので、そもそも危ないですわ。

で、歯科治療は術者と患者の位置が特に決まっていないので、上顎直視するために背中を右に80度曲げた状態を何年も続けてると・・・背中が曲がっちゃって酷い腰痛になるわけでございます。

今現在はマイクロも普及してきましたから、改めてミラーテクニックの重要性が再認識されてきたわけ。実際にミラーテクニックやってみると・・・・なるほど、これじゃなきゃ見えないですよね。

ということで、歯医者さんの難しさを再認識した一日でございました。僕も業界に入って36年・・・初めての体験でした。いやー勉強になった^^;

ご開業おめでとうございます。

昨年夏に地鎮祭を執り行ってからようやく開業日を迎えることが出来ました。本日は誠におめでとうございます。

既に数名の患者さんを診察され、「☓☓が無いー!」とかいう事件はありませんでホッとしました。逆に先生は過去、相当こなしてきているので、最初の患者さんも余裕だったとのこと。

随分昔ですが、前日になって患者さんのスリッパがないとか、アポ帳がないとかいう事件がありました。そうそう、診察カードの印刷を忘れていたなんて言う、恐ろしいことも経験しました^^;今考えてもゾッとしますね。

ということで、医院のご繁栄を祈念いたしております。

大人の対応

この猫は・・・大人っぽいね

開業する先生が、近隣の歯科医院に挨拶に行こうと電話してみたら「来なくていい!」と電話を切られたとのこと。たまーにしか聴かない話ですが、僕らがとばっちりを受ける例は、結構な確率で、あります。今回も「オタクで開業するんだったら、もう来なくていいから」って残念な結果になりました。

そもそもそこの地区で先んじて開業しているのですから、先輩歯科医院には時間的なアドバンテージがあるのです。それをあとから来た人に患者さん根こそぎ持っていかれるとしたら、今までの慢心のツケを払わされるという意味だと思うのですが、それを僕らに八つ当たりされても・・・・・何の解決にもなりません。

逆にこれから開業される方は、あとからくる人を余裕を持って受け入れるくらいの度量、努力、研鑽を持ってほしいものです。そういえば私のお客さんでもお一人いらっしゃいました。

「僕のところはぜんぜん大丈夫。それよりもその開業する先生に、何か困ったことがあったらいつでも相談に来てねって、伝えといて」・・・・・・んー、惚れます。

もうすぐ春です。

3月20日の弊社決算も済んで、やれやれの今日この頃でございます。だからというかスキーシーズンは本腰を入れて遊べないのが3月決算の悪いところ。いっそ12月決算に変えてしまいたいくらいなのですが、仕入先の多くが3月20日が半期か本決算なので、それに合わせたほうが業績がわかりやすいという利点もあります。

ところで世の中にはすごい人っているもんです。一緒に写っている向かって右側の人、僕らのテレマークスキーの先生ですが、日本100名山をなんと!!33日で登ったという伝説の冒険家「藤川 ケン」さんでございます。100の山を33日ということは・・・一日平均3,3以上の山を登るわけで・・・移動も含めてですから、そりゃ大変なことです。昨年富士山を登りましたが延二日かかっているわけで、それでもしばらくは山見るの嫌になります・・・ということで、どれだけの偉業かが推察されます。テレマークスキーの世界では、ワールドカップで世界中を転戦している現役選手なのです。

ということですが、僕はさっぱり上達しないので「センセーはいいんだけどねぇー」って残念ながら言われるところがつらい( ;∀;)

開業の取り付けです。

4月1日新規開業のため、この日は朝から取り付けです。地鎮祭参加以来、僕はご無沙汰していましたが、建物は無事完成しておりました。お昼前に到着すると既に弊社機械室マニアOによる機械室の取り付けはほぼ完成。さすがビューティフォーな仕上がりです。この写真では嬉しそうにユニット組み立てしている「ふり」の社員Rですが、こいつはもうちょっと痩せてほしいものです(._.)

ということで、いまから開院日がたのしみですね。

意外と重要な「玄関」について

新規開業時の様子。いかにこれを維持出来るかですね。

開業から数年立って僕が久しぶりにお客さんところにおじゃますると「ん???」結構な確率で臭うわけですよ・・・スリッパが。

毎日出勤しているスタッフの方たちも既に気が付かなくなってくるわけだし、患者さんも「臭いよ」って教えてくれないのが普通なわけです。でも、新患の方のイメージは相当悪いというか・・・鼻が敏感な人はココで逃げ出しちゃいます。

ということで、せっかく玄関まで来てくれたのだから、「使えるのに勿体無い」とか言わないで、3年経ったスリッパはすべて廃棄!潔くぜーんぶ取り替えてください。

特に布製スリッパは・・・・特に女性には印象が悪いので、できるだけ採用しないようにしましょう。

Xスマート実習セミナー

先週金曜日夜、室蘭にて行われたXスマートの実習に、挨拶係で参加してきました。

現代の技術はすごいですねぇ。「コンチの☓☓」みたいな名人芸は遠い過去の話。機械化=規格化が進んでいるわけです。

で、ここにご臨席頂いているみなさんも既に何らかのシステムをお持ちのようですが、それらにも増してこのXスマートの完成度は「いーねぇ」といった印象のようでした。職人技は・・・必要ありません。

ということで、デモンストレーションをご要望の方はご一報くださいますよう、お願い致します。

機械室についてのお話 その1

機械室は歯科医院の内臓です!

よく機械室が物干しになっていたり、カルテ庫になっていたり、最悪な例だと床上10センチ浸水状態なんて例もありました。あなたの機械室は大丈夫ですか?

普段使うことのないスペースなので、たいてい設計時にいじめられてしまうこの機械室ですが、予期せぬ時にエアーが止まったり、シリンジのエアに水が混じるとか、バキュームが止まっちゃったらさあ大変!ましてやここからボヤが発生したり、熱で分離器が溶けた!こともありますので、充分に気を配ってください。

設計上の注意点は ①換気量と排熱量のバランスを考る ②バキュームの排気がコンプレッサーの吸気に回らないこと ③可能ならばバキューム回路に機械室側に排水勾配を付けて配管を回す=機械室の床が診療室よりも低くなっているとgood! ④コンプレッサーのメンテナンスにも配慮を ⑤エアードライヤーのドレイン及び分離器の排水も忘れずに⑥隣室、階下への振動、騒音対策も

メンテナンスの注意点は ①オイルコンプレッサは一年に一度のオイル交換を、オイルフリーは10年に一度の定期点検を ②バキュームのベルトは在庫確認 ③室温および湿度確認とその原因

てなところでしょうか。  

 

冬まっさかり

久しぶりに社満射岳=タケノコ山に行ってきました。久しぶりの2時間超えシールハイクは、正月休みから体重が2キロ増えたままなので、徐々に太ももにダメージを与えます。んー年末だって、既に3キロオーバーだったのにー、合計で5キロほど計画に狂いが出ているのです。

さて後から勝手についてきたオバちゃんは、メイン斜面を抜け駆けして滑走。しかーし、その斜面は休日のトレースが残ったままだったことが後ほど判明。僕たちは頂上まで登った後、右側に移動、その後ご覧の底なし沼ドライパウダー天国でございました。

メイン斜面との合流地点で見上げてみると、登り返すほどの価値はないと判断。よって既に限界を超えていた太ももが痙攣する前に撤収で、これはこれでひと安心。

写真を撮ってもこのブルースカイ。1月~2月じゃ滅多に遭遇できません。天気、雪質、写真とも奇跡的な一日となりました・・・あとは体重が軽ければもう一本行けたのに・・・・

ということで、地球の上でも・・・北海道に生まれて・・・幸運を実感した一日となりました。

ホームページのあり方 その2

ホームページについて続編を書くのを忘れていました。ホームページって、よく作りっぱなしでそのままのひとが多いのだけれど、みなさんも3ポイントチェックしてみてください。

①最終更新日から2週間以上経っている

②写真がサンプル画像のまま

③顔写真が怖い

言うのは簡単ですが、弊社の過去のホームページもそうでしたねー。というか、いまでもまだ、サンプル画像が多少残っていますが、それ以外は大丈夫。ということで、いまではとっても効果が上がってます・・・ちなみにWeb更新は弊社は自前なわけですが、それも更新したくなる仕組みがないと、続かないですよね・・・・Web解析士の称号を持つ専門家をご紹介しますので(現在も他歯科ディーラーのホームページを製作中)、お気軽にお声がけくださいね。

 

経済学のお勉強

大学生時代はあれほど遊び呆けていたくせに、この歳になると何故か勉強にご執心になりまして、さる1月28日、室蘭市で三橋貴明氏の講演会が室蘭で開催されるということを聞きつけ、申込期限が過ぎていたのですが無理やり参加してきました。三橋貴明氏を呼ぶなんて、室蘭商工会議所もなかなかやるじゃんとか感じた次第であります。

会場に入ってみると、おおよそ経済学とは無縁そうなジジババも多数散見され、無料という文字のポテンシャルの高さを感じたわけでございます。

さて講演は「GDPとはなんぞや」という基本軸を中心に、いま日本はどうなっていて、これからどうなっていくのかということであります。要約すると

①GDPとは「所得=精算=支出」であることを理解し、貯蓄はGDPに貢献しないことを理解すべし

②日本の実質賃金は1997年を境に減り続けているが、その原因は公共投資に対する政策転換である。インフラはドイツやフランスと比較すると圧倒的に整備不足である。

③日本国債の主な債権者は日銀であるので、ギリシャのようにデフォルトは発生しない。外国に対する債権と債務を相殺すると黒字である。

④よって、公共投資を増額することが、日本再生のスタートである。

こんなところでしょうか。大学の授業と比べるとなんとわかりやすいことか。要約すると、国も国民も、みんな貯金なんかやめて、じゃんじゃん使いましょーということ。出席者のジジババも、既に少子化対策には全く貢献できないので、郵便貯金どんどん使ってくれれば多少なりともお国に貢献できるのであります。しかーし、安倍総理のお考えを変えるのは・・・・・

 

お正月あれこれ

やったー大吉!これで今年の運を使い果たしていなければよいのですが・・室蘭八幡神宮にて

みなさん、あけましておめでとうございます。

子供の頃、あんなに楽しみにしていたお正月ですが、その頃は「おとなになるとお金あっていーなー」とか思ってるものだからオトナになるのを楽しみにしていたわけですが、いざ大人になってみると、営業稼動日が減るので正月なんか無くなればよいのに・・・とか思ってしまうのがちょっと寂しいのでございます。

今年の冬は雪かきが楽ですが・・・反面スキーヤーとりわけパウダーハンター(深雪好き)の私としては異常気象は天敵でございますが、なんとかお正月もパウダーにありつけました。山に来てみると、キモチが洗われますねぇ。いかに「俗世」に汚染されていたかがわかるわけですが、そこ(山頂)に行くまでの間にお世話になっている道具たち・・・これを購入するために、どんだけお金使っているか・・・・・・やはりしばらくは「俗世」でがんばらねばと改めて誓った次第でございます

京都研修

いろんな反応をしてくれる治療シミュレーション用ロボット、なんと2000万円なり+ユニット代です。

11月13日から15日にかけて京都のモリタ製作所さんと、広島市にご開業されている「すぐる歯科」さんに見学に行ってきました。

今秋から新たにモリタさんと機械の契約を結んだので、何も知らないのに売れるわけ無いから、今期の予算取りしてないけど急遽決行することに。資料室では歴代の歯科ユニットが展示されていて、僕の年代でも流石に記憶に無い時代のものから展示されています。が、そこに突然、「スペースライン」が登場するんですからびっくりですよね。たった一年九ヶ月で設計しちゃったとのことですが、初年度はなんと!たった6台しか売れなかったそうです。んで使い方を指南しなきゃ売れないのかということになって、「Drビーチ」全国行脚作戦からコンスタントに売れるようになったとのことでございます。

すぐる歯科さんの診療室

撮影禁止なので写真はありませんが、製造工程で特に必見はレントゲンの管球の製造行程。熟練工が手作業でコイル巻いて、その後3日間かけて真空チャンバーで冷却オイルを脱泡させるのです。タービン製造工程は注文が殺到し、製造ラインを増やしたので見学通路をが無くなっていました。パーツの塗装まで内製しているのに工場育ちの僕(a-decで)としては関心しました。

二日間の京都研修を終え、広島市まで新幹線でゴー!案外早く着いちゃうもんですね。「すぐる歯科」さんの診療室を見学しましたが、人間工学と診療フロー(ファーストコンタクト~問診~治療計画~治療~治療終了)に基づいた設計はなるほど、見事でございました。ちなみにこちらの歯科医院ではベッドタイプのチェア(背中が動かない+スピットン無い+無影燈動かない!)タイプが5台。印象も咬合採得も問題ないとのこと。もちろん助手さんのバキュームワークはトレーニングが必要とのことでした。最近はマイクロが普及してきてますから、ミラーテクニックも復権しそうですね。

最終日の朝は、今回いろいろお世話になったK社長のモーニングセミナー。製品と臨床現場を結びつける「理論」と販売戦略、時系列的目標をお話いただき、その3つが融合しました。その後は江田島の元海軍兵学校見学でしたが・・・ありゃまぁフェリーに乗り遅れるという大失敗!(後でバス会社が所要時間を言い間違えていたことが判明)仕方ないので大和ミュージアムと鉄の鯨館を周り、潜水艦の見える波止場でお弁当を食べるという旅程に変更しましたが、これはこれで良い思い出になったと思います。

潜水艦をバックに記念撮影

ということでハードな3日間でしたが、とても充実した研修となりました。お世話になったモリタ製作所の塚本社長および工場のみなさん、㈱モリタの鈴木常務、すぐる歯科院長の橋岡すぐる先生、そしてK社長、本当にお世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

還暦祝い

中央奥は7年前に還暦を迎えた元岩見沢店店長の酒井。まだまだ元気のようです。

弊社岩見沢店の岡本がみなさんのおかげで無事に還暦を迎えました。おめでとーございます(パチパチパチ)思い起こせば我が社で還暦を迎えた社員は僕の記憶では石田昌一、石田睦子、池田、茂山、酒井(岩見沢)北山、高橋(苫小牧)大縄、桜庭、石田朝幸(室蘭)ではないかとおもいますが、もしかしたら未だいるかもしれません。

ちなみにぜーんぜん関係ない話ですが、うちの爺さん(石田美佐吉)が亡くなった時、当時の岩見沢店の階段が急勾配で、遺体を葬儀場に運び出す際、角度が急すぎて遺体がずれて蓋が開き、棺桶を下で担いでいた社員の頭に爺さんが乗りそうになり絶叫する、とか、その爺さんに白装束を酒井が着せるはめになって・・・死後硬直してるから関節を曲げると「ボキっ」と音がして「おれもう無理!」と言って逃げたとか、そんなすごい話でこの日は盛り上がりました・・・還暦祝にする話じゃないよね^^;

人生80年ですが、労働人口も減少する日本ですので、死ぬまで現役でいてほしいものです。

ユニット取付けの様子

これは10月初めに行われた、取り付けの様子です。昔はもっと大変でしたが、最近は取り付けは安全になりましたねぇ。昭和40年台は荷物が駅止で送られてくることが多く、木枠で梱包されたユニットを引取りに、駅まで行ったものです・・・って、ちょっと古すぎですね。

それで昔の機械の、取り付けが大変だった話ですが、なんたって重い!なんたってカバーまで全て鋳物で出来ていりゃ重くて当たり前。その重さで作業員が次々に退職したため経営難になったユニットメーカーもあったくらいです。重さで腰を抜かし、階段をユニットと一緒に転げ落ちたという伝説も、まんざら嘘でもなさそうです。

ちなみにパノラマレントゲンの取り付けでは、30キロほどのカウンターウエイトにストッパーで止めるの忘れてて、指先の関節を粉々に・・・指の長さが全部おなじになっちゃった・・・これは僕の知人なので、噂ではありません・・・あー恐ろしや。

晴れて・・・よかった。

相変わらず天候不順な札幌ですが、そんな連休の土曜日、来春開業の地鎮祭に出席しました。

僕自身の自宅を立てるとき、会社社屋を建てるときは地鎮祭をしなかったのですが、日本は「神の国」ですから、やった方が良いに決まっています。ちなみに仏教と神道の関係って、理解するのはわれわれ日本人でも難しいですよね。でもまあ、いいじゃありませんか、前からこーなんだから。

というわけで大嵐続きだった10月でしたが、神様の思し召しか、風も雨も止んだ貴重な土曜日に、滞り無く地鎮祭がとり行われました。これで事業も大成功間違いなしで、ございます。めでたしめでたし(^^)/

北海道デンタルショーについて その3

北海道デンタルショー2015年度版が、なんとか終了しました。きぐるみ君達と写っている僕の写真は開会直後ですが、実はもうグロッキー寸前でして、できればさっさと帰りたいのです。ただしそれとは全く関係なく、来場者のみなさんはどんどん入って、2日間の総数では昨年比では若干減ったものの、一昨年と比較するとちょっと増えて、ひと安心しました。

来年もまた新しい企てを考えていますので・・・・皆さんお楽しみに(・∀・)

北海道デンタルショーについて その2

これが北海道デンタルショーのレイアウト原図でございます。CADで書き始めてもうかれこれ10年以上になりますが、その前は定規と鉛筆で手書きで書いていたわけであります。このありがたいお仕事のお陰で・・・・CAD図面を書けるようになっているわけでありまして、とっても感謝しなきゃいけないわけですけれど・・・・・・・最近目が大人になってきたせいで・・・・ちょっと辛くなってきたわけであります(^o^;)

しかしながら手慣れてくると(=飽きてきた)、ちょっと変わったアイデアも生まれてくるわけで、昨年から導入した時計回り進行とか、今年度のモリタさんブースのように通路を曲げたレイアウトも発明できるわけであります。ご来場頂いた皆さんのご感想は、いかがでしたでしょうか?

北海道デンタルショーについて その1

さて右の写真は北海道デンタルショーの設営風景ですが、これは木曜日の風景でして、その前日水曜日の夜から電気工事が始まっています。木曜日は建築系の設営が朝9時から夕方6時ころまで,で機械搬入は金曜日の朝7時からでございます。本番は土日の2日間ですが、延べ3日かけて設営するんですよ・・・しかーし、毎年実行委員会のスタートは一月でして、私がデンタルショーに関わっていないのは10月から12月のたった3ヶ月だけでございます。

特に今年は夏が暑かったせいか、申し込み期日に間に合った人は約半分。入金の期日を守った方が6割。昨日(8月19日)時点で未入金は5箇所という体たらく。すべての問い合わせ、変更、クレームなどはすべて僕の携帯にかかってくるので、本業に支障が出てくる始末。仕方ないので来年度から罰金制すら、計画しております。

ちなみにこの北海道デンタルショーですが、始まった年が定かではないのです・・・・パークホテルさんのボーリング場が閉鎖になる前からやっているから昭和37年ころだろうとか、札医大でやっていた頃がもっと古いだろうとか、いやいやクラーク会館で昭和22年に行われたとかの話も聞いたことが有りますが、おやすみした年もあるので「何回目」かはわからないのです。もしかしたら現在まで継続して行われているデンタルショーとしては日本最古の可能性すら、あるわけです。

ちなみに私が24際の時にデンタルショー会場内に台風の影響で雨が溢れて流れ込んできて、早じまいになったことが有り、それがもう30年以上も前の事になるんですねぇ。

だれか、デンタルショー創世記の情報をお持ちの方がいらっしゃったら、是非お知らせくださいますよう、お願いします。

 

昨今のデザイン潮流

タカラベルモントさんから昨年度実績について「銀宝賞」を頂きました・・・・パチパチパチ

消費税後の立ち上がりの苦しい一年でしたが、なんとか格好がついた結果になりました。

さて、特約店総会時に発表になった「シェルト」という新型ユニット、これまでの丸みを帯びたデザインから一転してエッジの効いたデザインへと大きく方向転換がなされたようです。

15年から5年前ほどの期間はポルシェデザイン~アップルがデザインの主流でしたが、5年ほど前からシャープなデザインのBMWがデザインを牽引してきているように感じ取られます。このユニットも、その新しい流れを感じる仕上がりとなっております。

ところで・・・・ボクチンも、健康診断にむけて、もうそろそろポルシェデザインからBMWに変身しないと・・・・と、シェープアップの誓いを立てるのでした・・・反省^^;

泡盛の会に潜入

渡部姉妹

ビューテフォーな渡部姉妹

7月11日は社内研修でした。で、今回の目玉は「わたなべしまい」でございます。この「おねえたま」たちが何をしてくれるかというと、「イメージコンサルティング」でございますが、早い話がスタイリストみたいなもので、身だしなみのポイント、似合う色や、季節による色の選び方、今後買う服の色目なんかを指南していただきました。

色を選ぶポイント:春は草木の萠出系、夏は白濁系、秋は枯葉色系、冬は原色系 を意識すること。また色の傾向を大別すると黄色系=春、秋  青色系=夏および冬  とのことでございます。

数名がいけにえになりましたが、あ~ら不思議、合わせる色で、印象がガラリと変わります。地味な色選んじゃうと、性格まで暗くなっちゃうのね。

ワタクシ的には結構普段からコーディネートを意識しておりますが、57歳になったのに知らないことばかりですね。とても勉強になった研修となりました。これからも頑張るぞーと言いつつ、またまたお金がかかりますぅ。

誕生日

今日7月8日はボクの誕生日です。もう気が付くと57歳、高校卒業からなななななーんと40年!数え間違いじゃないかと思うこともありますが、残念ながらあと3年で還暦・・・・と、愕然とするわけであります。「あーあ、若いころ遊びすぎたのかしら」と、後悔先に立たずでございますが、いーや、今からでも間に合うと、気合を入れ直す、今日でございます。ということで、57歳の誕生日の一句?は、右のとおり「人の話も  聞く」。まあ、本人は十分聞いているつもりなんですが、ボクのことそう思っていない人もいるようなので・・・・

ちなみに58歳の目標は「人を 褒める」と、もう決めてます(^^ゞ

ということで、また一年間、よろしくお願いします。

ホームページのあり方 その1

先日、集中して同業者や歯医者さんのホームページをチェックしてみたのですが、なかには凄いのがありました・・・・代表者の氏名が無い・・・顔写真も無い・・・暗ーい診察室・・・おっかねぇ社員の写真・・・今日からブログ始めます2010年とか言って、そこから更新がなーい・・・・・そもそもホームページが存在しない・・・ここは昭和か????最近はフラッシュとか音楽付きとか、少なくなりましたが・・・迷惑ですよね・・・突然大っきい音鳴っちゃって、びっくりしちゃう・・・ほらほら、身に覚えがないですかぁ?

とは言っても、弊社だってちょっと前まではそんな感じだったかもしれません。「見る側の立場に立って」制作することが肝心とはいえ、客観視することがどれだけ難しいか。でも、とある手法でリニューアルしたら、アクセス数が数倍に!問い合わせは・・・・!!になりましたっ。

「ホームページなんか、あればいいのよ」「反応が来た試しがない」とおっしゃるあなた!ちょこっと・・・お声がけくださいね(^^)

節税対策と設備投資

これが新しい会議システム。
画像がスーパーきれいでしょー(^^)

6月末に納品された、パナソニックの会議システムです。今までもこの手のシステムはあったのですが、画像の粗さ、音声の遅延や音声入力優先切り替えの使いづらさに参って、スムースなコミュニケーションが取れなかったわけであります(怒られそうな社員にはちょうどよかったか?)んでデモを見ちゃったら欲しくなった。見てるとあまりにもフツーなんだけど、画像のクチパクに音声を合わせるために、あえて音声を遅延させたり、データーのやりとりに不具合が生じたら画像を再構築するとか、音声と騒音をそれぞれ感知してボリュームを調整するとか、実は隠れた技術が詰まっているとのこと。んー、旧製品の導入からまだ3年しか経ってないけど、仕方ありません。我が社は支店間の距離があるので、これでもっと楽に、各店に情報が行き渡るかと、期待してます。

ところでよく保険屋さんとか証券会社、リース屋さんが「節税対策で」とか言って保険、株、東京の賃貸物件、太陽光発電やらを売り込みに来ますが、そもそも節税=税を減らす ことが目的化しているセールスが多いわけで・・・まあ、本業に情熱がなくなったら、ボケ防止には良いかもね。

本業に必要な設備の購入→納税が減る→本業が盛り上がる→原資ができる→新たな設備投資

といった、本業にプラスのサイクルになる投資が良いと思うのです。歯医者さんも、「息子の学校にお金かかるから」とか言う理由で設備投資を先延ばしにして、本業の勢いが無くなっちゃってからどーしよーという結末も、これまた実例がたくさんございます。本業が盛業中じゃないと、後継者も辞退しちゃうので、元も子もないのです。

ということで・・・・まずは本業に注力しましょう。

Daigo氏講演会

僕の顔が大きのではありません。Daigoくんが小さいのです(・へ・)

6月16日、日本歯科企業協議会の総会に行ってきましたが、私の専らの目的はメンタルリストDaigo氏のセミナーでした。

本人のイメージは、テレビで見るよりもちっちゃくて、そのへんのお兄ちゃんってな感じ。で、強烈なマシンガントーク。本が好きで一日に20冊!頭は相当良さそうね。

セミナーのテーマはどうやったら歯科検診を増やせるかみたいなものでしたが、結果、「相手を自分の信者にするには」みたいな主旨でしたので、いろいろ使えそうです。

要点は以下のとおり

①自己紹介は職業や職場ではなく、自分の特徴のほうが印象に残りやすく、さらに5W1Hを付け加える。

②先に自分の弱点を出すと、いっきに距離感が縮まる。

③お願いごとをするときは、はじめに高いハードルの提案を断ってもらうと、次の低めの提案を3倍の確率で受け入れてくれる。

④YesかNoではなく、提案に選択肢を(食事いかなぃ?ではなく、お寿司がいい?イタリアンがいい?それとも・・・・など)

⑤最後は相手から自発的な形になるようにすると、約束を守ってもらえる

ということで、デートに誘うとき・・・使ってみてください・・・ボクは使いませんよ。

ジーシーサクセスセミナー

5時間にわたる講演でしたが、実例を伴ったお話で、最後まで頑張れました。

6月14日、GCさんの北海道営業所で経営セミナーがあると聞いたので、参加してきました。講師は㈱ディーピーエスの日吉さん。この方はベテランのコンサルタントです。で、セミナー概要をかいつまんで。

①経営の原則は・勤勉・分相応・社会貢献。

②交際費ではなく、研修費をたくさん使おう。

③経営においては「なにもしない」ことが最大のリスク。積極的に設備、内外装に投資しよう。

④収入を増やすだけでは片手落ち。個人支出(設備更新や息子の学費まで)を含めた計画を立てよう。

⑤順調に行っているスキームでも、10年しか持たない。下降線は必ずやってくる。

⑥「膨張」ではなく、「成長」を、「成功」ではなく「継続」を目指そう。

⑦「高級車」禁止!

耳の痛い話が多かったと思いますが、今回参加できなかった方、次回は是非、ご参加ください。

ヘレウスCADCAMセミナー

6月7日、札幌市産業振興センターにて行われたセミナーを聴講してきました。今までのCADCAMの半額以下ということもあり、大型ラボじゃなくても採算がとれる価格設定なので、多くの方が興味を持っていることと思います。

じゃ能力はその分低いのか・・・とゆーと、そんなことはありません。逆に設置場所を選ばない小型のCAMなので(写真右)、今までの機械たちをちょっと左右に押し広げれば!難なく置ける大きさでございました。

今回のセミナーは「直近で導入を検討している方限定」ということで人数も限られていました。「今までいろんなシステムが出ては消えたが、ほとんど定着してないじゃないか」とおっしゃるあなた!今回は好きでも嫌いでも「健保導入」という点でいままでとは大きな違いであります。

業界人の中には「大臼歯まで保険に入っちゃったら、CADCAMできないラボさんは廃業するしかなくなるね」とまで言っているかたもいます。手遅れになる前に、お考えください。

社員勉強会(カボデンタル)

6月5日、カボデンタルさんが弊社のために勉強会を開いてくれました。

ユニット関係はE70の実機を前に特徴を説明。水殺菌システムがタイムリーです。

続いてCADCAMですが、顎運動解析装置のアルカスディグマとの連動が既に実用化になっているところが他社にない特徴です。

最後にCT撮影装置の3Dエグザムは、ニューバージョンが登場しています。矯正用ソフトウェアとの連携もバッチリですね。

以上、たいへん為になる研修会でした。カボさん、ありがとうございます。

ご開業、おめでとうございます。

初々しくスッキリとした外観。付近の雰囲気ともマッチしていますね。

本日2015年6月1日、「スマイルデンタルクリニック恵庭」さまが無事、ご開業されました。事前トレーニングを頑張ったので、今日午前中の患者さんもパノラマ撮影はバッチリ。余裕を持って対応できたようです。午後からは初日にしては多めの予約が入っているようですが、これならなんとか今日一日を乗り越えられそうですね。

設計は匠プランニングの佐藤さん。随所に楽しいアイデアが散りばめられています。お子さんの多い地域を意識してか、キッズスペースはなんと3箇所も設けられています。

地域一番の歯科医院になりますよう、弊社スタッフも応援いたします。

おめでとうございます。

弊社営業社員研修

なんとなく緊迫感が無いところが・・・・わが社風でございます。

5月16日、弊社の今年度営業研修がスタートしました。で昨年度から引き続いて行動科学博士、土倉玲子さんにお世話になっています。考えてみれば弊社の社員研修は6年ほど継続していますが、その前から単発ではやっていたので、それこそ15年以上になりますね。いままで社内研修したのは・コーチング系・建築・歯科診療一般・建築CAD・事業計画・などでございます(商品の勉強を除く)。この日はロールプレイイングで代わる代わるお客さんとセールス役になって商品を売り込んだり、なんとか断ろうとするわけです。この後僕が「お客さん役」になって意地悪しようと思ったのですが、見事に・・・撃沈してしまいました(^.^;それだけセールスさんもスキルアップしたということで、まあ良しとしましょう。

ダルメシアン柄です。

こちらは6月1日開業予定の歯科医院に入ったユニットの写真です。牛柄ッて思ったら、ダルメシアン(犬)だとのこと。僕らはついつい専門的な装備に気を使ってしまいますが、患者さんから見ればむしろこちらのほうがわかりやすい表現かもしれませんね。

ちなみに立地はお子さんの多い、公園に隣接した住宅街。個室診療ブース内にキッズスペースがあるなど、ニーズに則した設計はさすがでございます。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

011-742-2322

受付時間:9:00~17:30(土日祝を除く)

お客さまの声

自分の病院のように考えて下さるので感謝しています。

フラワーデンタルクリニック様
人と人との関わりなので担当者で決めました。いつも誠実で自分の病院のように考えて下さるので感謝しています。

苫小牧市 アップル小児矯正歯科様
 

株式会社石田歯科商会

011-742-2322

住所

〒065-0021
札幌市東区北21条東7丁目1-21